あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロ野球開幕
   今日で3月も終わりだと言うのに寒いですね。ここ2~3日厳しい寒さが続きますが、春の訪れももうすぐそこまで来てますので、皆さんも短い春を満喫してください。

   ついにプロ野球が開幕しました。WBCで野球人気が上昇しているところなので、このままシーズン中ずっと盛り上がっていってくれればと思います。残念ながら帰宅したのが遅かったので、開幕戦を見ることはできませんでしたが、これからスポーツニュースでじっくり見たいと思います。今年の日本のプロ野球も話題が満載ですから、今から楽しみです。セ・リーグの見所は、①阪神は2連覇できるか ②古田監督兼選手率いるヤクルトはどうなるか ③原巨人の復活なるのかとか、パ・リーグは①ロッテとソフトバンクの優勝争いの行方は ②清原・中村が加入したオリックスは台風の目となるか ③野村が率いる楽天は何敗するか 等々話題が満載です。

   日本では4月は新年度の始まりとあって、何かと気持ちを一新しやすい時期ですので、私も入社した時の初心に戻って新鮮な気持ちで仕事をしてみようと心掛けようと思ってます。
スポンサーサイト
スクールハラスメント
   今日は寒かったですね。おそらくこれが春になる前の最後の寒さだと思いますが、そう思うともういい加減寒いのは嫌だと思っていたのが、しばらく冬もお別れと思うと少し名残惜しく感じたりします。人間は勝手なもので、何でも自分達の都合の良いように考えるので、私も自然に身を委ねることができるぐらいのゆとりを持ちたいなあと感じます。特に現代人の生活は人工的に作られたものに囲まれて生活しているので、自然を感じる暇も無いほど追い込まれているんですよね。

   先程、報道ステーションでスクールハラスメントという言葉を耳にしました。以前から先生が生徒に対するセクハラで相次ぎ捕まってますが、かなり重い実刑を課すことはできないのですかね。会社でのセクハラも当然許せませんが、精神的に不安定な思春期を迎えた生徒に対して猥褻な行為に及ぶということは、その生徒の一生を傷つけてしまうことになりかねないと思います。あとあとトラウマになり、対人恐怖症になったり立ち直れず引きこもってしまう人も出てくるでしょう。そんな悪事を働く人間は、断じて厳しく罰するべきだと思う。国民の税金で運営している公立学校の不祥事に対しては、より重い実刑を下して欲しい。私立の場合も当然厳しい懲罰が必要だが、公立をより厳しくするというのは全くリスクを感じてない先生が大勢いるのだと思います。私立でそんな不祥事を起こしたら、生徒は当然集まらなくなり運営できなくなってしまうリスクがあるが、公立は学区によって守られているから、そのような不祥事があっても急激に生徒数が減るようなことは無いでしょう。

   いづれにしれも、小泉内閣は公務員のあるべき姿というものを徹底的に律する必要があるのでは無いだろうか。このままだと、民間との温度差が大きくなるばかりで、不祥事の総合デパートになってしまいます。既になっているという話もありますが。。。
激しい雨
   先程帰宅したらすごい勢いで雨が降ってきましたので、ビックリしました。子供が起きるのでは無いかと思うぐらい大きな音がしていたので、すごい集中豪雨でした。気になるのは週末楽しみにしている花見です。あんなに激しく降ったら咲き始めている桜も散ってしまうのでは無いかと心配です。今週もあと3日なので何とか持って欲しいと祈ります。
脱デフレ
   週末は思いっきりフルに遊んだので、今日は出社するのがしんどかったです。さて、最近「脱デフレ」という言葉を多く耳にするようになりましたが、私のようなサラリーマンには生活面ではそれほど良い影響は無いようです。住宅ローンの利息は軒並み上昇しているので、ローン返済額が増えてしまいます。また、物価が上昇することによってお小遣いへの打撃が徐々に表面化していきそうです。良い点としては、株・不動産などの自分の資産があがることですが、まだ明らかな上昇は見られません。銀行の利息もあがりますが、今の利息の5倍ぐらいになってもたいしたことはありませんね。ただデフレ脱却というのは企業に収益力がついてきている証拠なので、本業の給与が増える期待は今後増していくかと思いますが、ちなみに私の給料は今年は昨年から据え置きのままだったのでベアゼロでした。
花見
   今日は少し遠出をして、車で花見に行ってきました。一番の目的は家族ツーリング用の自転車を見に行ったのですが、お目当ての自転車屋の近くに大きな公園があったので、そこで子供を思いっきり遊ばせてから自転車を見るプランにしました。大きな公園なので出遅れると駐車場がいっぱいになってしまうと思い、9時半には家を出ました。日曜日はやはり皆さん朝から行動される方は少ないようで、道も大変空いていて30分ほどで現地に到着しました。天気はあまり良くなくて肌寒かったですが、子供を遊ばせながら今年初めての花見を楽しみました。まだ1~2割りぐらいしか咲いてませんでしたが、中には8部咲きぐらいになっている木もあり心が和みました。

   公園で1時間半ぐらい遊んだ後、お目当ての自転車まで徒歩で7~8分ほどかけて向かいました。お店はそれほど大きくありませんが、ところ狭しにクロスバイク・マウンテンバイクが置いてあり、店主の方にいろいろと説明してもらいました。とても親切に説明していただいたので、こちらからもたくさん質問をして、40~50分ぐらいつき合わせてしまいました。(ありがとうございました!)店主の対応が大変好印象だったので、その店で買おうと決めたのですが、まだどの自転車にするか悩んでいるのでゆっくり考えて連絡する旨を伝えておきました。

   すっかり自転車屋で付き合わされた子供はお腹も空いてぐずってましたので、近場のラーメン屋にてラーメンと餃子を食べました。ここのラーメン屋が結構おいしくて、注文した味噌ラーメンと野菜ラーメンはいづれもおいしかったです。中国の方(たぶん)が料理されていたのですが、味はかなり中華風というより日本風だったのでこれもビックリしました。また自転車屋にお邪魔する際には行きたいと思います。ラーメンを食べたら子供も眠たくなったようで車の中で熟睡してました。時間もまだ早かったので、帰り際に妻の買い物に付き合って、子供と近くの公園で遊んで待ってました。その公園でも50分ほど遊んでから帰宅したら3時半ぐらいになっていたのでちょうど良い時間だと思ったのですが、子供はまだまだ遊び足りないようで、夕飯の時間まで外でまた一緒に遊んで本当に今日はグッタリしました。夕飯の後は子供と風呂に入り、寝かしつけましたが子供も十分すぎるほど(?)遊んだので即効寝てしまいました。子供の寝顔を見ながら、今日も一日楽しかったなあと思いつつ、明日からまた会社生活が始まるのかあと少し溜息が出てしまいました。

   今週はあっという間に3月最後の週となりました。サラリーマンの皆様、お互い頑張りましょう!
桜開花
   桜の開花宣言が出されましたね。今週末も天気が良かったので、午前中は子供を公園に連れていきました。家を出るときは冷たい風が吹いていたので、ジャケットを着て出て行ったのですが、子供と遊んでいるうちに風も止んでものすごく暖かくなりました。こんなに良い天気なので午後も外に出ないと勿体無いということで、隣の駅まで2kmほど家族みんなで歩きました。いつも出掛ける時は、車・自転車がほとんどなのでたまに歩くのも良いものです。道の途中で子供たちはたんぽぽ取りに夢中で、妻と私は桜や梅の花が咲いているのを見つけて春の訪れを楽しむことができました。隣町に着いたら、欲しい自転車を見に行ったり、買い物をしたりした後にアイスクリーム屋で子供と一緒にアイスを食べました。子供も久しぶりに長い距離を歩いたので、帰りはだっこのおねだりをしっぱなしで、電車で帰ってきました。大人の私たちも久しぶりに長い距離を歩いたので、結構疲れましたが気持ちのよい疲労感です。天気の良いときには精力的に動くべきだとつくづく思いました。
地価15年ぶり上昇
   本日は金曜日だったので、嬉しい気分で出社しました。仕事はバタバタとしていた割にはそれほど前に進まず、非効率的な一日を過ごしてしまいました。あまりこのような状態で週末になるのは嫌なのですが、ここはうまく切り替えて月曜日また頑張ることにします。

   今日の新聞で国土交通省から公示地価が発表されました。昨年あたりから一部の地域では下げ止まってましたが、何と東京、大阪、名古屋の商業地では15年ぶりに上昇に転じたとのことです。東京の住宅地でも同じく15年ぶりの上昇とのことで、大変うれしいニュースとなりました。私は自宅とアパートの土地がありますので、資産が上昇することは本当に嬉しいことです。また、この記事により不動産関連株が結構買われてほとんど上昇していました。ただし、全国的に見ると地方都市では未だに下落が続いており、確実に格差が拡大しているようです。私が以前より書いているように、地方物件はかなり危険だと思います。これから更に2極化が加速すると思いますので、地方都市は下がり続け、大都市圏は上昇を続けるはずです。バブル化の懸念も無いことは無いのですが、バブル経済の再来はまず無いと考えられてます。なぜならバブルの時は需要の少ない土地も含めて全国的に土地が上昇を続けました。とにかく土地さえ持っていれば資産が増えるといった妄想が世の中に広がっていたので、そのような事になったのだと思います。もし似たようなことがあったとしてもそれは大都市圏に限定されたことになるでしょう。

   週末は何も予定をたててないので、久しぶりに何もせずに家でゴロゴロするのもありかなあと思ってますが、子供がそうさせてくれないと思います。
憂鬱
   休み明けの出社というのは憂鬱ですね。仕事を楽しんで出来てないということなのでしょうが、前日に思いっきり遊んだので体は重いし、おまけにこのどんよりとした天気は気持ちを沈ませます。それでも火曜日の王ジャパンの世界一の試合の余韻が残っていたので、気持ち的には少しは救われました。やはりスポーツは良いですね。選手たちが本番までどんなに頑張ろうと、どんなに良い成績を残そうと、本番でハッキリと負けたら終わりという残酷さも持ってますがその分勝ったときの感動は計りしれないものがあります。決して予測できないドラマが常に潜んでいて、それが人工的に作られたものでは無い嘘偽りの無いドラマというかドキュメンタリに人々は魅了されるのだと思います。



   来週からついにプロ野球も開幕とあって、WBCの影響で注目度も急上昇中で盛り上がりますし、何といってもワールドカップという超特大イベントが控えてますので、仕事に集中しろと言われても無理です。とは言ってみても私は所詮しがないサラリーマンなので、クビになったら困るので一応会社にそれなりの評価をされるように頑張ります。今週もあと残り2日と休日があった分あっという間ですね。
WBC、祝日本優勝!
   皆様休日をどのように過ごされましたでしょうか。今日は春分の日にふさわしい春日日和でしたね。快晴で風も無く、穏やかな気持ちの良い1日でした。私は今日少し寝坊をしてしまい、起きてから早速子供を連れて公園に行ってきました。でも11時からWBC決勝があるので時間を気にしながら、10時50分にはさっさと切り上げて帰ってきました。子供は遊び足りない様子で少し可愛そうでしたが、これを逃してはいけないと強い決意で戻ってきました。

   帰ってきて早速テレビを点けたら試合はまだ始まっておらず、拍子抜けしました。10分ぐらい待ってプレイボールです。前半は松坂が1点取られるもナイスピッチングで凌いで、打線も早くから4点先取しこれはいけるぞという期待が高まりました。その後も追加点を獲得し、6対1となり楽勝モードになりつつありましたが、ピッチャーが渡辺に変わってから2点取られてしまい、3点差となりまだ試合の行方は分からなくなりました。むしろキューバが勢いづいてましたね。その後、藤井に変わってからも追加点を取られてしまい、1点差まで迫られた時には完全にキューバに流れが傾いてました。その流れを振り切るかのように打線が奮起して、この間のヒーロー福留を含む野手陣がヒットを重ねて、後半一気に突き放して勝負ありでした。最後の2回はキューバも粘りましたが、安心してみることができました。試合の途中で客人が遊びに来たので、一緒に観戦をして俄然盛り上がりました。

   日本の優勝を見届けてからは、気分も良かったので家族で買い物に出掛けました。街はかなりの人で賑わってましたが、帰り際の人も多かったようで、駐車場待ちはしないで済みました。買い物を済ましてから、外食をして帰ってきて、子供と一緒にお風呂に入ってたった今寝かしつけたところです。今日は寝坊はしたものの、その後はそれを取り返すかのように充実してましたので、本当に良い休日でした。
佐川急便は最悪
   普段は使い慣れていることもあり、ゆうパックを配送業者として使っていました。ある時、大きな商品を送る際にゆうパック既定の大きさを超えていたので、佐川急便に頼むことにしました。

   まず初めに電話をした時から不安を覚えました。電話が鳴りっぱなしなのに、平気で2~3分誰も出ないのです!出たと思ったら対応の悪い姉ちゃんが出てきて「お待たせしました。」の一言もありませんでした。こちらはグッと我慢をして、集荷依頼を特定の時刻にしました。集荷を予約していた時刻になってもドライバーは現れません。当然他の配達先も回っているのでキッチリくることはできなくても仕方ないのですが、何と3時間近くも待ったのです。1時間ほど経った時に再度電話を入れたら、これまた誰も電話に出ないで流石にこちらも怒りがこみ上げて「早くして!」と嫌な感じで言いました。やっとドライバが来て荷物を持っていってもらったのですが、ここまでたどり着くまで一苦労でした。とりあえず大きな荷物を送ったのでホッとしましたが、この時これがほんの序章に過ぎないことは知る由もありませんでした。

   数日後、落札者から商品が破損していると連絡を受けました。十分過ぎるほど厳重に梱包されているのに、何故壊れたのだろうと疑問に思いながら、佐川に電話を入れて引き取るように言いました。その商品は在庫があったので、また集荷に来てもらい再発送しました。それから数日後、またまた落札者から破損の連絡を受けました。この時はかなり腹が立ったので、直ぐにドライバに家に来るように電話を入れたのですが、全然つながりません。電話がずっとなっているのに誰も出ないのです。こっちも向きになって5分ぐらいかけっぱなしにしても、誰も出ませんでした。少し時間を置いてからようやく繋がったので、こちらも堪忍袋の緒が切れていたのでまくし立てるように文句を言って、直ぐにドライバに来るように伝えて電話を切りました。これまた、待てども待てどもドライバが来ません。本当に最悪な業者だなあと思い知らされましたが、まだこの先にトラブルがあるとは流石に思いもしませんでした。

   何とか3回目の発送で商品は無事に届いたのですが、2度商品が破損しているので、この破損分の金額の請求を佐川に用意した書類にサインをして申請しました。この時の佐川の話では、1週間で請求した金額は返金されるとのことでした。1週間経っても支払われないし、連絡も無かったのでこちらから電話したら手続きが遅れてもう1週間待って欲しいと言われました。また1週間しても支払われないので電話したら、今度は「確認してから本日中に折り返す。」と言って電話を切ったのですが、結局電話が来ませんでした。翌日、電話しても担当者が席をはずしているとのことなので、折り返しを頼んでも連絡が来ませんでした。そのまた翌日にかなり怒ったトーンで伝言したところ、ようやく担当者から折り返しがあって、馬鹿の一つ覚えのように「すみません。」と言ってましたが、肝心の入金に関してはまだ確認中とかぬかしているので、私は「XX日以内に絶対に払え」と言って電話を切りました。

   それからは電話するのも嫌だったし、流石に最後の電話で私が指定した期日までに払うことを約束したので、今度ばかりは振り込まれるだろうと思ってました。が。。。また期待は裏切られ、期日になっても振り込まれることはありませんでした。ここで佐川の理解できないところが、期日通りに振込みできない旨を連絡してこないのです!普通約束したことを守れないときは、事前に連絡するものですが、こういった常識が通用しない会社なのです。今度はこちらも証拠を残すために、改めて向こうが言ってきた期日を書面に書かせて送らせました。これ以上遅れることがあったら、こっちも出るところに出るという事まで言いましたが、それでも守られることはありませんでした。私もこのままだと支払う気が無いのでは?と疑いを持つほどでしたが、私が本社の社長に連絡すると言ったからなのかは分かりませんが、その数日後あっけなく振り込まれたのでした。

   とにかく今回のことで懲りて今後佐川を使うことは辞めます。皆さんも宅急便業者を選ぶときは気をつけてください。私のお薦めはヤマトかゆうパックです。
雇用回復
   連日「ワールドビジネスサテライト」で雇用が急回復している状況を特集してます。何でも今年の新卒は完全な売り手市場で企業はあの手この手を使って学生の興味を引くことに必至だそうです。私の頃は本当に悲惨な状況で超氷河期だったのでうらやましい限りです。私は運良く縁があった1社目で決まったのでほとんど就職活動はしませんでしたが、周りの話を聞く限りでは数十社に書類を送っても面接に進めるのは僅か2~3社で、面接に行ってもグループ面接・圧迫面接も当たり前だったとのことです。それで自信を打ち砕かれてこの頃ニートになる人もかなり増えたのでは無いでしょうか。

   雇用が回復していることは大変喜ばしいことではありますが、企業側も手の平を返したような戦略はどうかと思います。テレビを見ていて大笑いしてしまうほど、アホなことをしてましたからこんなんで良いのかなあと思ってしまいました。結局入社したらサラリーマンという名の企業奴隷を育てるだけなのだから、相手の顔色を伺って入ってもらってもお互い何のメリットも無いのではと思います。とか偉そうなことを言ってますが、私も一度はそのような待遇で面接に臨んでみたいと思います。中途採用に近いうちにそのような波が来れば、転職する気持ちが無くとも冷やかしに行ってみたいと思ってます。
WBC、日本が韓国を破り決勝進出!
   今日は午前中は天気が良かったので、子供を連れて公園に行きましたが、風が強くてビックリしました。砂は舞っているし、目にも入ってくるので最悪でしたが、子供はそんな状況でも遊びに集中しているので気になるどころか、喜んで全く変える気配がありまえんでした。。。結局、1時間半たっぷり遊んで12時ごろ帰ってきました。昼食をとってからは、テレビをつけてワールドベースボールクラシックの観戦です。今までは平日の試合ばかりだったので、夜のスポーツニュースでしか見れませんでしたが、決勝進出がかかった大事な試合を観戦しました。結果は皆さんがご存知の通り、6対0の大勝利でした。先発上原は好投して、7回に野手がその好投に応え一気に6点を先取しました。雨のためその後は一時中断しましたが、大量リードしていたのでその後も安心して見ることができました。

   それにしてもWBCは問題がいっぱいあって本当に後味が悪い大会というか、もう第2回は止めた方が良いのではと思うほどです。まず第一に審判がどの試合もアメリカ人であるということ。しかもマイナーの審判を使っていて数々の誤審をしてしまい、せっかくの試合を何試合も台無しにしてしまいました。そもそも何故アメリカが戦う試合にアメリカ人を起用するのか意味不明です。国際試合なのだからワールドカップのように公平を極める上でも、対戦する両国の国籍を持つ審判は起用されるべきではありません。第2番目にアメリカを中心とした試合日程であったことです。地元開催なのに、アメリカが決勝に行くことを前提に余裕のある日程で試合が組まれていたのは明らかで、それに合わせて他国のスケジュールが煽りをくらってタイトになってました。2つ目は何と言っても参加国が少なすぎます。何故同じ相手と3度も戦わないといけないの?という感じです。最後に参加国が少なすぎると言う点です。同じ相手と3回も当たるというのは何かおかしい気がします。韓国も日本に2度も勝っていて、3回目で負けて決勝に出られないと言うのもかわいそうだと言いたいところですが、韓国のピッチャーはドーピングというインチキをしていたので、同情する余地も無いですね。

   アメリカの居ない決勝、そのアメリカにも誤審で負けて、更に韓国に2度負けて勝ち取った決勝と何ともスッキリしませんが、選手は頑張っているのであと1試合全力で頑張って欲しいです。
WBC、日本が韓国に敗退
  いやー帰ってからニュースを見てガッカリしました。まさか2回連続で韓国に負けるとは、イチローが「30年間は勝てないと思わせたい。」というような発言をして韓国ナインに火をつけてしまったようですね。本当に残念ですが、良い試合だったので選手たちの頑張りを称えたいと思います。

   そう思うとアメリカ戦の誤審は許せないですね。日本が2次予選敗退となると余計に後味が悪くなってしまいますね。あれが無ければアメリカに勝っていた可能性は十分にあったのですから。まあ、終わったことをどうこう言ってもしかたないので、また次回のWBCがもっと改善されて盛り上がることを期待してます。
確定申告
   サラリーマンの方は、稼ぎがたくさんある方や医療費が10万円を超えた方ぐらいしか確定申告はしないと思いますが、私は不動産所得があるので毎年確定申告が必須です。本当に分かりづらい書式で去年やったはずなのに、1年経つと忘れているところもあり、本当に面倒な作業でした。更に追い討ちをかけるように、昨年はアパート経営を開始して2年目ということもあり、1回も空室が出なかったので、しっかり書類上でも利益が出てしまいました。でも所得税と比較したら税金で取られる率がだいぶ違うのでホッとしております。

   確定申告は面倒ではあるのですが、税金をいくら払っているかとか、どの費用が経費で落とせるかとか、いうことを考えるようになったので良かったです。これまでは会社が自分の所得に対する計算を年末調整で全て行ってくれていたので、どのような項目でいくら税金が取られるとか言うことは全く考えたこともありませんでした。持っていかれている税金の額も直ぐに忘れてしまうほど、自覚が無いのです。自分がどれだけ稼いでいるかは頭に入ってますが、どれだけ税金を取られるかという最も重要で基礎的な情報をしっかりとインプットできてないということは、サラリーマンというビジネスをちゃんと管理できてないということなのです。これは国と会社がわざとそのように仕向けていることだとつくづく思います。国はいつでも国民が損することを気づかせないように、制度を複雑化し分からないようにしてしまう。会社も同じで、社員が余計な欲を出さぬように、ややこしい社内既定や制度を作って会社人間にさせようとする魂胆が見え見えです。

   おそらく皆さんもご自身がどれだけ税金を払っているか聞かれた時に、正確に答えられる方は少ないのでしょうか。会社で担当されている製品・サービスの知識、製品の売上高・利益率・在庫数・フォーキャストといった財務諸表には抜群に詳しいかと思いますが、何よりもご自身の財務諸表を知ることの方が重要だと私は思っております。仕事でとても忙しくてそこまで頭が回らないという方も多いかと思いますが、ある意味自分のことを理解することが絶対に会社での仕事にもプラスになると思いますので、年末の源泉徴収、月々の給与明細の内容ぐらいはいつでも口から出てくるぐらいにしておいた方が良いですよ。
プライド
   今日は楽しみにしていたプライドのため、そそくさと仕事を切り上げて帰ってきました。私は格闘技を見るのが大好きで、プライド・K-1・ボクシングの世界戦は欠かさず見てます。格闘技の醍醐味は何と言ってもその迫力と見るとスカッとする爽快感が味わえるのが何とも言えません。どんなに仕事で疲れていても元気が出て力をもらっている気がします。ただ、今日の試合はどれもいまいちでした。期待が大きすぎたのかもしれませんが、見入るような場面はほとんど無かった気がします。次はミドル級のK-1が4月5日にありますし、5月にはまたプライドミドル級で山本キッドが参戦するので、格闘技も今年も盛りだくさんで嬉しい限りです。

   今日、消防士がわいせつ罪で捕まりましたが、大の男が力の無い女性に対してそのような行為をするというのは卑劣極まりないですね。しかも公務員ということが余計頭にきます。最近本当にこのような犯罪が公務員に目立ちます。国会議員を筆頭に教師・警察官・自衛隊員といった公務員が次々と逮捕されてます。もちろん、公務員で無くても犯罪を起こす人間自体許すことはできませんが、公務員がそのような犯罪をすると怒りは倍増します。彼らは我々の税金から給与をもらっている立場な訳ですから、どの職種においても国民を第一に考えて働くことが義務づけられている訳です。そのような人間達が次々と悪事を働くような時代になってしまっては世も末だと実感させられます。誤解の無いように書いておきますが、公務員全員がそうだと言ってるわけではありませんが、確実に増えているのは間違いないと思います。私は時々区役所や税務署に足を運びますが、普通のお店や企業では受けないような頭に来る対応を何度もされたことがあります。なぜ彼らは、一般市民が一生懸命働いて納めた税金で給与をもらっているのに、そのような態度を取れるのだろうかと疑問に思ってます。

   私はまず公務員を代表する政治家があのような状態だから、全ての公務員に対しても腐敗が広がっているのだと考えます。この状況を立て直すにはまず徹底的に教育するべきです。企業が顧客を神様と思うように教えるように、公務員は国民を神様と思うように教えられなければならないと思います。少しでも国民を怒らせるような対応をする人間には厳重な処罰及び退職も辞さない制度が必要なのではないか。サラリーマンで顧客に対して、怠慢な態度を取ったものならば、良くて減給/懲罰、解雇も当たり前、最悪の場合は懲戒免職、ビジネスに多大な損害をもたらす場合は訴えられますよ。それと比較すると明らかに公務員に対する待遇は優遇され過ぎて、甘いと言わざる負えないです。そのような生ぬるい環境で働いてくるから、犯罪に手を染める輩が次々と出てくるのでは無いのでしょうか。

   小泉内閣は公務員削減を向こう5年(?)にたったの5%削減というのは本当に笑わせてくれます。今公務員を取り巻く状況は一時期企業がバブル崩壊後に経験した壊滅状況にあると思います。だけど税金でまかなっているので、安定した仕事が確約されているからそのような危機感は無いかもしれませんが、バブル後どれだけ企業がリストラしたのか良く考えてもらいたいと思います。痛みを伴う改革なんて糞くらえです。結局お前らの財布を痛めないで、国民を痛めつける改革だとハッキリ言った方が男らしいのでは無いでしょうか。
自動車業界
   今日も寒さが続いてましたが、あと春までもう少しと思えば何とも無いですね。今日はホワイトデーでしたが、男性の皆様はお返しされましたか?私は義理チョコ分のお返しはしておきましたが、妻からは何ももらわなかったので、何もしなかったです。

   ところで、ここ数日自動車業界の景気の良い記事が目立ってますね。労働組合の春闘では、会社側からベア満額回答が相次いだり、新卒・中途の採用を大幅に増やしたり、定年退職した社員を呼び戻すために良い条件を提示したり、株価が創業来高値を記録したりと凄まじい勢いですね。私は製造業の会社に勤めてますが、自動車業界ではないので残念ながらそんなに良い話は自分の回りにはありません。

   今年もいよいよ1年にたった一度の昇給チャンスの4月が迫ろうとしておりますが、上がったとしても僅かなんだろうなあとそれほど期待してません。もう定期昇給の時代は終わったので、会社に期待することは私は明確です。第一に自分の将来のキャリアにプラスになる経験を提供できること。少しでも非生産的でくだらない事務処理をやらせるようだったら、即転職します。何か盗めるスキルやノウハウがあってこそその会社に対して魅力を感じます。第二に働きやすい環境ですね。これは福利厚生もそうですが、組織がよりフラットで言いたいことが言える環境を望みます。最後はブランドと経営状況です。これは不動産を購入する際に銀行と交渉する上で大変な武器になります。明日からも頑張って働きます!
季節はずれの雪
   今日は寒かったですね。雪まで舞う始末でやはり春を前にして、厳しい寒さが戻ってきました。でもこの寒さが来たということは春もすぐ目の前ですね。今日はいつものようにかったるい月曜日ですが、良いニュースが二つありましたね。一つ目はライブドアの上場廃止が決定したこと、二つ目は10~12期のGDP値が上方修正され、年率換算で前年比5.4%増となったことです。この二つのニュースだけで、株式市場はかなり安定することと思いますし、そうならないと困ります!

   悪いニュースと言えばWBC(ワールドベースボールクラシック)で日本が負けたことです。しかも誤審によりタッチアップして1点取った西岡がアウトになったことは何とも後味が悪い試合になってしまいました。先程報道ステーションで録画画像を再生してましたが、全く問題無いタッチアップでしかも最初は塁審が明らかにセーフのゼスチャーをしていたので、何か故意にやったのではと言う臭いがプンプンしてきました。当然アメリカとしてはアメリカ以外優勝してはいけないと思っているでしょうし、あれだけメジャーの選手を集めておいて優勝できなかった暁にはかなりまずいことになるでしょうが、そこまでして勝ちたいかとも思ってしまいます。確かにこの間、格下のカナダに負けてしまったので、そういう風に取られても仕方がないぐらいひどいジャッジでした。せっかく楽しみに見ている人も増えてきて、世界各国が注目しているのだから、このようなジャッジが許されてはまずいと思います。

   最近何かと頭にくることばかり書いているので、気分が良くないことが多いのですが、嬉しいことに何と2日連続でアクセス数1000を超えてます!やはりほとんど毎日更新を続けたことによって、ちょくちょく訪問してくれるようになったユーザが増えたと取っても良いのでしょうか!そう考えると俄然マメにホームページを更新する気になってきました。と言っても、所詮ただのサラリーマンですから、会社の都合により自分の生活をコントロールできない身ですから、あまり期待せずに見守っていただければ嬉しいです。
銭湯
   皆さん、今週の週末はいかがお過ごしになられましたでしょうか。私は久しぶりに大変充実した週末を過ごすことができました。今日は、午前中は良い天気だったので、子供を連れて公園で遊びに行って、午後からは風がかなり強くなっていたので、子供と家の中で遊んだりインターネットをしたり、テレビを見たりとゆっくりと過ごしました。いつもならそのまま夕飯を食べて風呂に入って寝るのですが、今日は外食して博多ラーメンを食べました。その後はそのまま近場の銭湯というか健康ランドみたいなところでお風呂に入ってきました。

   子供も大喜びで大好きなラーメンをたくさん食べて、お風呂もゆっくり時間をかけて楽しんで入ってました。やはり毎週していることとちょっとでも違うことをすると、子供は喜びますね。夫婦もそうですが、子供もマンネリ化してくるとちょっとしたサプライズが大きな喜びとなって跳ね返ってくるものです。今日も妻が夕飯の準備をしようかという時に、ふとラーメン食べてお風呂に行くことを提案したら、子供のハシャギ様はそれはもう凄いものでした。大人は大人で外食を楽しんで、日頃のストレスをお風呂で癒すことができて良い一時を過ごすことができました。

   今週末は充実していた割には本当にお金を使わない週末でした。実際にお金がかかったのはラーメン代2000円と風呂代1300の3300円のみでした。こういう週末の過ごし方こそが一番の理想ですね。結局お金をたくさん使っても子供は以外と喜ばなかったり、親はぐったり疲れてるすることが多いので、週末の達人目指して頑張っていきたいと思います。
サイクリング
   今日は本当にいい天気でしたね。あまりにも暖かいので、家族でサイクリングに行きました。子供も大喜びで久しぶりに丸一日いっぱい遊びました。親は一日子供と外で遊んでいたので疲れ果てましたが、子供が喜ぶ顔にも癒されたのでお互い様という感じです。明日は月曜日のことも考えて、午前か午後のどちらかはゆっくり休みたいと思っております。

   ところで、昨日は電安法についてかなり熱くなってしまいましたが、本日も少し書かせていただきます。この法律は弱者をさらにいじめる格差社会を助長するものであることは明らかですね。家計が苦しい人ほど中古品を買う訳ですから、それが難しくなると格差はさらに広がるでしょうね。また、大手電機メーカーに勤める人ほど朗報になる法律かも分かりません。なぜなら、売れなくなる中古品が4月から一気にたくさん出てくるのですから、当然新品の製品が売れて会社の業績も良くなります。ただ大手になればなるほどこの法律の恩恵があるので、いわゆる勝ち組の人たちを更に上に押し上げる法律であると思います。国は今までの政策もそうですが、強者に優しく弱者に厳しくすることしか考えて無いですね。

   前から書き続けていることですが、政治家なんかは国の事を本当に考えている人間なんて極僅かです。ほとんどの奴らは自分のことしか考えていないので、いかに自分達の生活を良くすることにしか没頭してない動物な訳で、結果的に弱者をいじめ抜いて自分達(強者)を更に強くすることしかしないのです。それに対抗するにはやはり副業か転職で自分のポジションを少しでもあげるしかないのです。国を信じるような行為は宗教団体に入信するようなものです。自分の国を信じられないというのは大変残念なことですが、残念ながらそれが現実なようです。
海外との取引の危険性
   これまで何度も海外から物を仕入れてきたので、結構安心しきっていたのですが、ここ数ヶ月間は大変な目に遭いましたのでここで報告します。

   昨年8月頃、スターウォーズ系のフィギュアを大量に発注しました。(約300万円)そのフィギュア限定物で先行予約の時点ですぐに完売してしまう人気のあるものだったので、大量に発注できるルートを見つけただけラッキーでした。しかしながら、そのフィギュアを作っているメーカーが再三に渡って発売延期をして、もともと10月初旬に入る予定だったものが3月までズルズルと延びてしまったのです。そこで、問題になったのがクレジットカードのチャージバック期間です。基本的に支払いを終えてから3ヶ月間は、商品が届かないとか詐欺にあったとか言うトラブルはチャージバック制度を利用可能ですが、私がこのことを完全に忘れており、クレジット会社に連絡を入れたのが年末のことでした。その時には既に3ヶ月が過ぎていて、払った金額は戻らない可能性が高いとの事でした。私は商品さえ確実に届くのであれば、元々購入するつもりで発注したのでチャージバックできなくても良かったのですが、今回取引した相手は初めてだったので多少の不安がありました。これまで数々の海外の人たちと取引してきましたが、3ヶ月を超えて商品が届くということは無かったので、そこまで頭が回っておりませんでした。

   クレジットカード会社と話してから事の重大さを理解してからが、本当に大変でした。取引相手に一旦返金を要求したのですが、向こうは向こうで私が払った代金は全てメーカー(フィギュアの製造元)の販売業者へ払ってしまっているので、返金できないというのです。また、メーカーが再三販売延期をしていたのは、ホームページ上で公表していたことなので、それは疑いの無い事実でしたから取引相手を一方的に攻める訳にもいかず困り果てておりました。それでも3月まで待てば本当に商品が入荷すれば問題無いのだからと、何度もその取引相手を信用しようとしましたが、「もしその人間がお金だけ取って、商品を送らなかったら」とか「商品を送っても破損・誤品があったら対応してくれるのか」とか色々と心配になってきて、クレジットカード会社と再度交渉することにしました。しかしながら、クレジットカード会社は期限を過ぎてしまっているので、強制的にチャージバック申請をすることはできないし、メーカーの遅延で商品が届いて無いだけのことなので商品が届いていないという判断にならないとのことでした。

   そこで、私はしばし考えてこのように切り出しました。確かにメーカー側の理由で商品の生産が遅れているが、私は当初10月納品ということに納得して買ったのだから、12月末の時点で届いてなければ理由は何であれ、商品が届いてないという理由でチャージバック申請を要求しました。それでも真剣に取り合ってくれる感じがしなかったので、こちらで取引相手との過去のメールでのやりとりを全て印刷して、カード会社に発送しました。取引相手が私とのやりとりで返品に応じる旨を記載していたので、これを決定的な証拠として提出しようと思ったのです。取引相手はいつでも返金には応じるが、販売業者から返金の同意が得られてないことをしきりに買いておりました。このメール履歴を提出したのが功を奏し、見事にチャージバックに成功しました!やはりやれることはやってみるものですが、本当に精神的に良くない取引でした。良い経験となりましたので、今度海外との取引は気をつけます。
電気用品安全法
   皆さんPSEマークってご存知でしたか?以前からACアダプタといったものには付いていた安全規格のマークでしたが、何と2001年にあらゆる家電製品がその対象となってしまい、しかもPSEマークは今年の4月から販売したら罰せられるのです!意味不明です。ちゃんと動くものを販売したら違法とはどういうことなのでしょうか?中古で今まで家電製品を買っていた人はどうなるのでしょうか?リサイクルビジネスをしている業者をどうすれば良いのでしょうか?地球の環境に大きな貢献をしているリサイクル活動を根底から覆す法律って何のためなのか意味不明です。

   これだから国の考えることは品が無くて馬鹿で無能なのです。あいつらは本当に国民の税金を国民を苦しめるために使っているとしか思えないほど、社会貢献の低い人間達の集まりです。あんな馬鹿馬鹿しいものを会社で言い通したら即クビですよ。なぜなら、、何が原因で、どんな目的があって、誰のためにしたことなのか、何も分かりません。それに加えて、2001年から開始されており、5年の期限となる今月末まで何を誰に伝えたのだろうか?私は製造業界で勤めておりますので、前から一応知ってましたが、ほとんどの人が最近のマスコミの報道で知ったのでは無いでしょうか?

   どうせ低能たちが考えることですから、無理やりこのような法律を作って規制すれば、新しい製品がどんどん売れて景気回復につながるだろうなんて考えで作った法律としか思えないです。まずはお前らが税金の無駄遣いを無くして、まともに働けばどれだけ景気回復につながるか分かっているのか!不当な高収入を得ているくせに、談合・賄賂・汚職と汚らしいことしかやってないのでは無いのか?当然これを読んでいる読者の中では全てがこのような政治家ばかりで無いという意見もあるかと思いますが、私からするとそれを変えられない人間も厳しい言い方だが同罪です。でも本当にクリーンな政治家は僅かだとは思いますけどね。いくら悪事に手を染めてなくても高収入に見合った働きをしてない時点で税金泥棒ですから、国民からしたら犯罪者同然です。

   もうすぐ5年の期限切れということもあり、最近このニュースを良く目にするようになりましたが、その度に怒りが沸いてきます。ここでも自分が一生懸命働いて収めた税金が無駄に使われているんだと思うと、この国も終わっているなと思いますよね。本当に自分の子供たちにこんな世の中を残して良いのだろうかと不安に思います。
亀田3兄弟
   昨日は既に日記をアップしていたので書かなかったのですが、いやあ亀田興毅の世界前哨戦は面白かったですね。試合中ずっと解説をしていた竹原が何でジャブを使わないのかと言ってましたが、私は調子が悪いのかなぐらいに思ってました。そうしたら試合後に、何とあのお父さんがジャブなんか小細工しなくても勝てる相手だし、それが亀田家の戦い方だと息子に試合前に言ってたそうです。ボクシング経験者で無くとも非常識な考え方だと思ってしまいますが、とにかく豪快ですね。その豪快さが彼ら家族の強みなんだなあと最近思ってきました。試合後は相手のトレーナーがローブローをアピールしていたら、お父さんが出て行って危うく乱闘になりかねない勢いでしたからね。本当に豪快です。いくら亀田でも世界の挑戦は楽にはいかないと思いますが、今年の楽しみの一つとして勝手に待っているので、頑張ってくれ!(生意気だが)

   そういえば、最近亀田家のような豪快なお父さんがいなくなってしまいましたね。私も子供の父親として少しは見習わないといけないなあと思うことはあります。今の子供は親から手厚く扱われすぎて、どっちが親なのか分からないと思うことがあります。習い事やお受験といったことに親が一生懸命になりすぎだし、そこまでやらして何を期待しているの?と思ってしまう。本当に子供は愛情さえあれば勝手にしっかりと育つので、適当ぐらいがちょうど良いのです。つい子供中心に考えてしまうところがあると思いますが、私が子供の頃は親がいつも中心でした。ご飯を食べる時間も出掛ける場所もテレビの番組も全て親の言うとおりだったと記憶してます。少年時代はなんてうちの親は物分りが悪いのだろうと思ったりもしましたが、今となってはそれなりに育ててくれたことを感謝してます。

   話は変わりますが、昨日のアクセスにはビックリしました。2,000超えたのって数えるほども無かったのに、何があったのだろう!ここ1週間はとにかく好調で800~1000ぐらいの日が数日続いてました。私はこのサイトを趣味でやっているのでページのアクセスを一切解析してないので、どんなサイトから皆さんがやってこられるのかも知りません。ただ一つだけ思い当たる点としては、3月に入ってかなりハイペース(?)といっても9日間のうち7日も更新したので、それで増えたのかなあと思ったのですが。。。流石に違いますよね。いづれにしても常に目標は毎日更新することなので、これからその目標を一ヶ月間だけでも達成できるように頑張りますので、引き続き当サイトへ遊びに来てください。
サラリーマンの20人に1人が副業
   今日はほんとに暖かかった、と言うか暑さを感じるぐらいでしたね。花粉症対策用マスクをしている人もたくさんいらっしゃいますが、自分もいつ花粉症になるのかと不安になります。

   ところで、先程ヤフーニュースで見た記事なのですが、厚生労働省系独立行政法人の労働政策研究・研修機構が実施したアンケートでは、何とサラリーマンの20人に1人の割合で副業をやっていると言うのです。3500人を対象に調査したらしいのですが、副業をしている理由はズバリ「本業だけでは生活できない。」と答えた人が全体の20%も居たということです。私は副業を始めたのは5年以上も前ですが、そのうちこのような時代が来るだろうと常々思ってました。長引く不況の影響で会社は社員の給与カットにひた走り、国は悪化した財政をサラリーマンから増税や配偶者控除の中止といった愚策で搾取し続けたので、副業せざる負えないのです。潜在的には5人に1人ぐらいは副業をやりたいと思っていると考えております。ただ、あまりにも本業が忙しすぎて副業の時間を取れない方や、会社が副業を禁止していてバレるのが怖くてできない方もたくさんいらっしゃると思います。

   これから景気回復が本格化していきますが、副業するサラリーマンの数は間違いなく増え続けます。何故かと言いますと、今景気が良くなっている要因の一つとして、会社が異常なまでの給与・コストカットをしたために、財務状況が好転したということです。いわば、社員の犠牲により回復したといっても過言ではありません。それを景気が好転してきたからと言って、みすみす給与を上げる訳無いのです。もちろん、消費も上がってきているので、景気回復の理由はそれだけでは無いのですが、これだけ長い間不景気が続いて消費を我慢してきましたし、デフレが続いた影響で物が安くなれば、消費も必然的に回復して当然と言えば当然です。

   私が想像する5年後の社会は、10人に1人が副業しているのではと思ってます。10年後には5人に1人になっているのでは無いでしょうか。その時には、今のように会社にしがみついているような人は居なくなっているのではと思ってます。会社に尽くすという考えは既に古くなってきてますが、団塊の世代が居なくなって、さらにそういった風潮は高まると思います。会社と社員の距離がますますシビアになっていって、よりビジネスライクに入社・転職する人が増えると思います。そうなった時は会社側は大変です。優秀な社員を引き止める為に、給与はもちろんのこと社風・製品の優位性・ブランド・福利厚生と言ったあらゆる面で競争力のあるものを提供しなければ、優秀な社員は去っていき経営が成り立たなくなってしまいます。特に団塊の世代が引退したら、どこの企業も人手不足に悩まされることになるでしょうから、そうなったらバブルの時のような争奪合戦があるかもしれないですね。私は氷河期の入社でしたので、バブル景気を社会人として経験してません。そういう時代がくれば楽しいなあとの願いも込めて勝手に想像しています。
浅沼建築士
   やはり第2の姉歯が出てきましたね。姉歯の偽装物件はあくまで氷山の一角と書きましたが、何と一気に33棟も出てきてしまいましたね。この間、福岡でも出てきましたが、今度は札幌といづれもマンション開発の活発なところです。積極的に開発している都市部では競争も激しいので、どうしてもそういった物件が出やすいのだと思います。そうなると次は名古屋か大阪かと思ってしまいますし、東京にもまだまだそのような強度不足の物件があって当然だと言う状況になってきました。

   ニュースによると浅沼建築士は偽装は認めたものの、耐震に対する強度は問題ないと言い張っているようです。これまたヒューザーの小島社長以上にかなり頭の弱い人が出てきましたね。人々の命を危険に晒しながら、平気であういうことを言ってのけるところの神経が理解できません。もう既にこのような建築士が3人も出てきたので、これで終わりにして欲しいものですが、そういう訳にはいかないでしょう。これを機会に建築メーカー各社が自主的に耐震強度を調べなおすべきだと思う。後で出てくると国の税金を大量に消費されるだけで片付けられてしまうので、建築メーカーがやらねばならないことだと思います。また、今現在は国民の不信感もピークに達しているだろうから、耐震強度を示すデータが無い物件は淘汰されていくのでは無いかと思います。それでも元々の設計を偽装できるぐらいですから、耐震強度のデータも偽装されることも十分に考えられるのでこの問題の根は深いと思います。

   もしかすると、来年の今頃はマンションの価格が暴落していて、超安値で買えているかもしれません。本当にそうなる前に住宅メーカーは先手を打たないといけないと思います。
春一番
   今朝会社に行く時は結構寒かったのですが、帰りは気持ち悪いぐらい暖かかったですね。何でも去年より11日遅れて春一番が吹いたとのことでした。でも明日からはまた寒くなるようなので、そう簡単に春は訪れそうもありません。

   今日は1週間の中で一番大嫌いな月曜日でした。会社に行くのも億劫で本当に月曜日の朝は嫌いなのですが、子供の頃も小学校に通い始めた頃からずっと変わってないなあとふと思い出しました。悪く言えば進歩が無いのですが、(勝手に)良く思えばずっと一貫しているのだなあと我ながら笑ってしまいます。小学校にあがってからは大の勉強嫌いで、テストの前とかは学校が火事にならないかとか地震で倒壊しないかと思ってましたが、大学を卒業するまで似たようなことを思ってました。勉強が終わってせいせいしたと思っていたら、社会人でも同じ悩みが付きまといます。仕事は勉強ほど嫌いではありませんが、所詮雇われ人なので好きにはなれませんね。

   不動産のページをアップ先程アップしました。確定申告の時期ですので、確定申告に関するネタを書かせていただきました。それにしても昨日と今日のアクセスが異様に多いのは何故だろうか?ここ数日マメに更新しているからアクセスが伸びているのか?それともどこかのサイトで紹介されたのだろうか?いづれにしてもアクセスが伸びているのは大変喜ばしいことなので、常に1000アクセス/日を超えるようなサイトを目指していきたいと思います。
ポカポカ陽気
   今日は春を感じさせる一日でしたね。2日連続で子供を公園に連れて行きましたが、昨日と比べて一段と暖かったです。一応ジャンパーを着ていったのですが、シャツ一枚でも十分な程でした。公園の木々も青々としてきましたし、一部花が咲き始めているのが見えました。冬の出不精を解消すべく、今年の春は積極的に外に出て行きたいと思います。

   今唯一欲しいのはマウンテンバイクです。実を言いますと、昨年クロスバイクを購入したばかりなのですが、価格が1万7千円ぐらいとそこそこするものなのですが、中国製のものなのでそれほど物が良いとは言えませんでした。長く乗っていれば結構疲れますし、ギアを変えたり普通に町乗りしてペダルを漕いでいてもチョット不安なところがあります。要は安物はやはり駄目なんだなあと痛感してます。そこで、インターネットでクロスバイクやマウンテンバイクのサイトをたくさん見回ったのですが、クロスバイクよりマウンテンバイクの方が構造は全然丈夫ということで、子供を乗せることも考えマウンテンバイクが良いという結論に達しました。後は値段なのですが、そこそこ乗り心地や機能を求めるのなら最低5万円は出費が必要とのことで、妻のも合わせると10万円になってしまいます。。。それでもソコソコの自転車を2~3年で買い換えるよりも5万円出してもそれを長い間ずっと使うほうが費用対効果は良いので、買おうかなあと思ってます。

   車も2年前に購入しましたが、10年は乗り続けるつもりで購入したので全く妥協はしませんでした。それこそ価格は全く気にせずに自分が気に入った車だけを購入の対象にしました。結果的にはとっても気に入っているので、本当に良い買い物だったと思ってますし、あと8年乗れるように大事に乗っていきたいと思ってます。結局は服にしても家にしても、自分が所有するものは愛着が必要だと思います。愛着があれば多少不便になったり、古臭くなってもずっと使い続けるので、初期コストは高くてもトータルで見れば非常に安い買い物になりますから一生物を持つことが一番の理想ですね。
快晴
   今日は天気が本当に良く気持ちの良い一日でした。冬の間はどうしても寒いため、晴れていても子供を外に連れ出す回数は減ってしまいます。本日は本当に天気が良かったので、子供を近所の公園へ連れて行き思いっきり遊ばせました。子供らも本当に楽しそうで、3時間まるまる外で遊んでもまだ遊び足りないと言ってました。子供はやはり遊びの天才ですね。

   不動産のページを更新しております。アパート経営にてグッドニュースがありましたのでアップしておきました。アパート経営もスタートして1年半が経ちましたが、未だに分からないことだらけで何かある度に勉強になります。1年半前の自分の知識を考えると我ながら成長を感じます。考えてみれば、本業の仕事では成長を実感するようなことは、社会人になって初めの5年ぐらいでした。ちょっと寂しいことではありますが、ちょうどそういう時期なのかもしれません。あるいはそれだけ仕事に身が入ってないということかも(?)と少し思ったりしますが。。。来週も一生懸命頑張ります。
冷たい雨
   3月になっても相変わらず寒いですね。この寒さも長くないことを望みますが、毎年春が訪れる前に決まってぐっと寒くなるので、一回暖かくなってもう一度寒さが戻ってくるのではと思います。

   2月はオークションが思いのほか好調で、年末年始の不調が嘘のようでした。本当に久々の好調ぶりだったのですが、あまり長続きするような気がしないので、一旦在庫が全て掃けたら休止しようと思います。ただ、これからの本格的な景気回復のことを考えると、また物が一気に売れる時期に入る気がするので、そうなったら是非やりたいと思います。何だかんだ言っても、やっぱりオークションが私の副業への原点でしたので、ずっと続けていければなあと心の中ではいつも思ってます。
好調でビックリ
   2月は消費も冷える時期なので、全く期待してなかったのですが、思いのほか好調でビックリしました。好調と言っても落札されたアイテムはたったの6点だったのですが、どれも高額商品だったので結構利益が出ました。

   内訳は全てビジネス用フィギュアで、57,652円の利益となりました。ピーク時の頃を思えばたいした額では無いのですが、赤字を何回も出したり、先月のように僅かな利益しかあげられない月が続くと、5万円を超えただけでも嬉しいものです。まだ在庫が結構残っているので、夏までには処分したいと思ってます。おそらく赤字をまた出さないと処分できないだろうなあと思ってますが、処分しきったらしばらくは休止しようと思います。

   景気が回復してフィギュアブーム再到来となったら、積極的に投資をしてバンバン売っていきたいと思っているので、冷静に世の中の動きを見定めたいと思ってます。
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。