あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲーム文化
   今日は11月最後の日でしたが、それほどの寒さではなく本当に明日から12月になるという実感が沸きません。

   さて、明日から12月に入りボーナスがますます近づいてきましたが、ゲームを買おうと思われている方は以外に多いのではないでしょうか。マイクロソフトのXBOXはどうでも良いとして、ソニーのPS3と任天堂のWiiが早くも熱い火花を散らしております。Wiiはまだ米国のみでの販売ですが、今週末?から発売開始ということで期待が高まってますが、PS3は初期生産量が少なく年内は全く出回らないと言われてます。今のところWiiの方が値段の面でもゲームの斬新さからも前評判は高そうですが、PS3はBlue-ray搭載ゲームとしては破格の安さだと思うので、物が出回れば良い勝負になるのではと思います。

   私はゲーム自体はあまり興味が無いので、Blue-rayのソフトが充実してくればPS3を購入しても良いかなあと思います。PS2もどんどん安くなっていったし、小型化していったので2ndバージョンか3rdバージョンが出る頃にでも手を出してもいいかなあと思います。それにしても日本は本当にゲーム好きな国なのだなあと思います。たかがゲームの発売のために、前日から寒い中並んだりする訳ですから本当に理解できません。ただ、日本のゲームが世界を引っ張っているのは明らかなので、漫画に並ぶ日本が誇る立派な文化だと思います。漫画とゲームが日本が誇る文化とは少し寂しい気がしますが、それが現実でしょう。
スポンサーサイト
暖冬!?
   今週はもう11月最後の週というのに暖かくびっくりです。テレビでは今年は暖冬だと言ってましたが、この様子だと当たり?かもしれません。私は寒くなっても構わないので、雪がたくさん降ってほしいです。子供にもいっぱい見せてやりたいし、雪が降った方が冬らしいので四季を感じるには一番いいです。

   私は独身の時はスキーに良く行っていたのですが、妻がスキーをしないのでだんだんといかなくなり、子供ができてからは一度も行ってません。子供が大きくなれば連れていきたいなあと思いますが、スキーってかなり体力を使うスポーツなので、昔のようにはとても滑ることができないだろうなあと思いつつ、そんなことを考える時点で年をとっているのだなあという実感が沸いてきます。それでもプロスポーツの選手なんて私と同い年もしくは全然年上でも現役でバリバリやっているのを見ると、少しは鍛えなおそうかと思いますが、所詮自分の時間の無い子持ちのサラリーマンなので難しいです。年相応・身分相応で年をとっていくのも悪いものでは無いですけどね。
出張
   今日は出張先からのブログ更新です。朝早くから飛行機に乗り、現地について取引先を自社施設に案内しました。夜は取引先を接待し、部屋に戻ってきてシャワーを浴び一服しているところです。

   私はあまり出張が無いのですが、たまに出張して出先からブログを更新するというのもいいものです。家で更新するのとは気分も違うので新鮮な気持ちがします。できれば出張先のエピソードも書きたいものですが、これといったことも無く、ただ単に仕事にきているので対して報告することが無いのが痛いところです。

   明日我が家に帰りますが、たったの2日ですが、丸2日家族と会わないで再開するのも新鮮でいいものです。子供はどうせ寝てしまっているでしょうから、丸3日ぶりの再会を楽しみに今日はゆっくりと出張の疲れを癒したいと思います。
Qさま
   今日は仕事が早く終わったので、そそくさと家路を急ぎました。以前は深夜でよく見ていたテレビ番組「Qさま」を久々に見ました。最近のテレビの傾向として、まず深夜で放送してゴールデンに持ってくるというパターンが異様に増えたように感じます。昔からそういうパターンはありますが、最近は特に多いようです。例えばココリコの「いきなり黄金伝説」、ネプチューンの「銭形金太郎」、雨上がり決死隊の「雨トーク」、クリームシチューの「くりぃむナントカ」、そしてさまぁーずの「Qさま」である。もう1つ共通点があるのが、全てお笑い芸人が持っている番組であり、異常事態ではないかと思うほどです。当然、以前から生き残っている、さんま、たけし、とんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、ナインティナイン、ロンドンブーツといったベテラン芸人もそれぞれの番組を持ち続けている訳で、その次の世代の芸人が深夜から続々とゴールデンに降りてきている状態です。

   他にも「エンタの神様」「笑いの金メダル」「はねるのトびら」といったお笑い番組もある上に、「ジャンクSPORTS」「やべっちFC」といったスポーツ番組や「HEY!HEY!HEY!」「うたばん」といった歌番組、「TVタックル」「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中」といった政治番組までありとあらゆるジャンルでやりたい放題です。とにかくチャンネルをひねればお笑い芸人を見ない時は無いぐらいの増殖ぶりです。異常な繁栄は終焉のはじまりの予兆であるのは、これまでの歴史で繰り返されている通り間違いないかと思います。まさに芸人バブルであり、世の中もそれだけ笑いに頼らざる負えない状況に陥っているようにも取れます。

   私は以前から書いている通り、お笑いが大好きでバラエティ番組ばかりを好んで見てますが、そんな私でもこの異常さにようやく気づきました。私はあいにく心から欲するほど笑いに飢えている訳ではありませんので、もう少し淘汰されるべきだと思います。特に最近は本当に質の低い芸人までテレビにのうのうと出てきていて、「何でこんなのがテレビに出てんの?」と思うことがしばしばあります。ブームになって盛り上がるのは良いのですが、過剰なブームは質が低下するだけなので、お笑い好きの私にもちょっと迷惑です。。。
アスレチック
   今日は日曜日なので、明日のことも考えてちょっと押さえ気味に行動しましたが、昼食はラーメン屋まで外出して、知人の家に寄って遊んで帰ってきました。

   土曜日は、天気も良かったので、昼ごはんを家で食べてから、先週見つけたお気に入りの公園まで車で遊びに行きました。ここの公園は結構りっぱなアスレチックがあり、前回連れて行った時は子供も大喜びで2~3時間ずっと遊んでましたので、また連れていくことにしました。子供がかなり運動能力が伸びてきていて力もついてきているので、アスレチックのような全身を使う遊びが一番楽しいようです。アスレチックはただ単に身体を動かすだけでなく、手足をどう動かして登ったり降りたりするといった考える要素も必要になるので子供の成長には最適な遊びだと思います。

   更に嬉しいことに、先週の土曜日はポニーに乗れる催し物がやっており、子供も乗って喜んでました。もちろん有料ではありましたが、動物園などにわざわざ行かないと乗れないものなので、ちょっとラッキーでした。この公園には、アスレチック以外にも結構遊べるところがあり、木登りや岩登りができる場所があります。木登りは、小さな子供でも登れるような木があるので、そこによじ登って遊べますし、岩登りは人工的な岩が積み重なっているエリアがあり、夏は水遊びの場所になってます。せっかく良い公園を見つけたので、末永く通いたいと思います。
勤労感謝の日
   今日は休日だというのに、曇り空で寒い一日でした。せっかくの休日を家で過ごすだけではもったいないということで、車でドライブがてら30分ほど離れた公園に遊びに行きました。子供は大喜びで寒い中良く遊びましたが、それを見ている大人はたまったものではありません。あまり厚着をしていかなかったので、とても寒くじっとしているとブルブルと震えてくるほどでした。1時間ちょっと経ったところで、子供を何とか促して戻ってきました。

   家に戻ってきて軽く暖を取り、妻が洗濯物を取り込んでからゆっくり休む間もなく、夕食に外へ出掛けました。地元のラーメン屋に行ったので、家族で歩いて行って来ました。子供の足で片道20分ぐらいなので、往復40分のほどよい距離の散歩を楽しみました。帰りはラーメンを食べて体が暖まっているので、寒さは全く気になりませんでした。冬になるとラーメンがもっとおいしくなる季節なので、ラーメンばかり食べて太らないようにしたいなあと思います。ちなみに最近は、坦々麺に凝っていて、あの胡麻をたっぷり使ったピリ辛のスープが後を引いて、結局スープを全て飲み干してしまいます。

   ところで、本題の勤労感謝の日ですが、これまで生きてきてこの休日の意味を良く理解してませんでした。(小学校で教えられたはずですが、記憶がありません。)今日、ウェブで調べたところ、「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」とのことですが、意味が良く分かりません。。。そこで更に調べて見ると、要は日々勤労できていることに感謝するという意味のことです。また、作物の収穫を祝う新嘗祭(にいなめさい)が従来行われていた時期でもあり、その意味も含まれているようです。私の感覚では、「普段働いているお父さんに感謝しなさい。」という趣旨の休日かと勘違いしており、妻にもそのように説明していたので本来の意味が妻にバレないことを祈ります!
11月ももう終わり!
   今日は肌寒く雨の中の嫌な通勤でした。帰りは朝よりも暖かく感じましたが、明日は天気が良いようなのでその影響でしょうか?

   今週も木曜日が休日なので、4日しか出勤日が無く、残すところ既に3日となりました。カレンダーをじっくりと見たら来週で11月も終わりです!ということは今年もあと1ヶ月になろうとしてます。今年は仕事が充実していたせいかあっという間の年でした。例年は、年末年始の休みが待ち遠しく感じて、まだかまだかと中々やってこないのですが、今年はこの分だともう12月?もう今年もあと半月??もうクリスマス???という感じに過ぎていきそうです。
ようやくフル稼働!
   今日、仕事中に不動産管理会社より嬉しい連絡が入りました!8月から空室になっていた部屋にようやくようやくようやく入居者が申し込みされました。長かったー。本当に長かったです。所詮3ヶ月ちょっとの間だった訳ですが、半年以上は空室になっていたような実感があります。これまでも管理会社からは何度も連絡が入り、その度「決まったか!」と胸を膨らませた訳ですが、聞いてみると保証人が居ないとか、ちゃんとした仕事を持ってないとか、ワンルームなのに2人で住むとかロクな話はありませんでした。ですので、今日も電話が鳴った時は、会議中だったのでその場では出られずにしばらく放置してましたが、手が空いたときに電話してみたらこの通りでした。

   来月の家賃からは全額出るのでしばらくの間はフル稼働してくれることを祈ります。考えてみれば、今年は4室あるうちの3室も入れ替わった年なので、しばらくは出て行かないで欲しいものです。
止まらない幼児虐待死
   今週は先週までの忙しさが一服し、少しゆっくりした日々を取り戻しつつあります。と言っても明日から会議がいっぱい入っていて、しかも新たなプロジェクトが始まるので、普段の業務もまともにできない状況が年内は続きそうです。。。毎年、年末年始の休暇が来るのは待ち遠しいものですが、今年はそのプロジェクトによってそんなことを感じられる状況ではなく少し残念ですが、年が明けて落ち着いたらゆっくり休みをもらおうかなあと思います。中国にあわせて旧正月の休みをもらうのも悪くないなあと、まだまだ先のことを考えてウキウキしています。

   今日も残念なニュースを見ましたが、実の母親が4歳の子供を虐待死させて逮捕されました。報道ステーションによると、2000年から連続で実の親が子供を虐待死させる事件が毎年100件以上にのぼっている様です。何度も何度もこのブログで書いてきましたが、このようなニュースが後を絶たない今現在が正に世紀末を迎えているのでは無いでしょうか。既に教育現場も破綻していることは明らかであるし、大人の社会もとても子供に見せられるような夢のある社会ではありません。私自身、サラリーマンを続けてきて思うことは、会社とは妬み・敵意・不満といったようなあらゆる負の感情が渦巻く社会であることは確かです。

   私がいつも願っているのは、同じ会社に働いている訳だから、協力し合って頑張れればということです。そうすれば絶対により良い結果が出るのは明白ではありますが、そこで他部署間のいがみ合いやある人とある人の派閥争いなど、全く不必要かつ無駄な要素が常に入ってくる訳です。皆自分が一番頑張っていて会社からもっと評価されるべきだと思っている訳ですから、当然そのような争いが絶えることが無いのです。会社側が実力主義の名をもとに掲げた評価制度が機能していないというか、もともとコスト削減が一番の目的だったのでうまくいく訳ないのですが。話を少し戻しますが、このような社会で我慢をしている大人がどこかでプツンと切れて幼児虐待に走ったりしてしまうのではと思います。そんな大人を見ている子供も大人を真似て、虐め社会を作っていますし、中には実の子が親を殺してしまうまでに至ってしまうのでは無いでしょうか。
女子バレー4強ならず、日ハムはアジア最強に!
   11月もあっという間に中旬に入り、今週末から急に冷え込んできました。秋もそろそろ終わる感じですが、秋を堪能するようなことはあまりしなかったような気がして少し残念です。今週末は、土曜日は終日雨だったので、妻も子守から解放されたいということだったので、私が子供を連れて親戚の家に遊びに連れていきました。今日は、昨日とは打って変わって晴れましたので、ドライブに出掛けてきました。行った先は小さな山の麓にある公園でしたが、何にも遊具が無く、子供らは飽きずに遊べるかなあ。。。と思いましたが、心配無用でした。かけっこをしたり、かくれんぼをしたり、木登りをしたりして1時間半ぐらいたっぷりと遊びました。子供はやはり遊びの天才ですね!言うまでも無く、帰りは車の中で熟睡し、妻とゆっくりといろいろな話をしながら帰ってきました。

   今晩は、女子バレーと野球アジアカップがやっており、チャンネルをちょくちょく変えながら見てました。女子バレーは、競合イタリアに善戦したものの1:1で迎えた3セット目を落としたのが勝負の分かれ目になった気がします。世界大会ではメダルが遠ざかっているバレーボールですが、メダルに一歩近づいた実感を掴んだのではないかと思いますが、台湾との初戦を落としたのが悔やまれます。

   一方、アジアカップに挑んでいる日本ハムですが、見事に決勝を1-0で制してアジアNO1となりました。日米野球が散々だった訳ですが、いっそのことこのチームが全米代表とやった方が良い試合ができたんではないかと思います。それにしても今年の日ハムはパ・リーグ制覇、日本シリーズ制覇、アジアカップ制覇と去年のロッテを彷彿させる暴れぶりでした。しばらくセ・リーグが元気ないように感じるので(気のせい?)来年はセ・リーグにも頑張って欲しいです。
アジアプロ野球
   今週も目まぐるしい忙しさで、ブログを更新できませんでした。来週は少しホッとできるかなあと思いながらも、絶対よからぬ事態が起こりそうな嫌な予感がします。

   さて、日米野球は4連敗と最悪というか必然の結果でしたが、アジアカップは日ハムが2連勝しました。アジアでは日本は野球先進国なので、当然というば当然なのですが、日米野球と比べても頑張って欲しいと思います。日米野球は日本の代表というプライドというのは全く感じられなかったし、言い訳大好きな野村監督が率いていたので尚更です。一方、日ハムは人気・実力も申し分ない日本が誇れるチームなので、こっちこそ真の日本代表だと思えるのです。

   明日は週末なのでゆっくりと休みたいです。遅くなりましたが不動産のページを更新してます。
教育履修問題
   今日は、3連休明けとあって、結構しんどい一日でした。ただでさえ、仕事が山ほど溜まっているのに、3連休を取ったので余計に滞っていた仕事を片付けるのに忙殺されました。いつの間にか今年も2ヶ月を切ってしまい、穏やかな年明けを迎えたいなあという淡い期待は諦めた方が良さそうです。今月はとにかく忙しい時期で、12月は少し落ち着きそうだなあと思っていましたが、年明けに大きなプロジェクトが出てきたので年末年始は慌ただしくなりそうで、今から少し憂鬱です。

   文部科学省はアホの集まりでしょうか。まあ、そんなことは問わなくても分かることですし、国のほとんどの機関がまともに機能していないので、訪ねる私がアホ呼ばわりされてしまうような気さえしてしまいます。今回履修不足の生徒は全国的に広がりを見せており、まともに単位を取得している学校の方が少ないのではと思ってしまうほどです。学校の教育を管理しているはずの教育委員会は何をやっていたのでしょうか。国民の税金から給料を支払ってもらってながら、こんな基本的な監督ができない人たちは要らないでしょう。ただの給与=税金ドロボーです!また、国会でも受験を控える生徒に対して、補習授業を軽減する救済策をまとめようとしてますが、まともに単位を取った生徒はどうなるのでしょうか?受験とは均等に受ける学校教育の時間以外に、皆が平等な時間を宿に通ったり、工夫・努力を重ねながら励むものです。しかしながら、根本的な学校教育の時間の使われ方にギャップが生じていたら、全く平等にはなりません。まじめに学校の授業を受けた生徒達が馬鹿を見るということになります。学校教育は中には受験と関係の無い教科も含まれるので、とても不公平な話になってしまいます。そんなことも論じることなく救済策をまとめようとする余りにも安易なやり方は絶対に許せない。

   当然のことながら、履修不足の生徒が悪いわけではないのですが、受けていないものはキッチリ受けないと受けた人に対して不公平になってしまいます。「受験戦争」という言葉があるとおり、受験は戦争であり、自分の志望校を受験する他の生徒はライバル=敵なのです。これらの構図を語らずに今回のような軽減策のようなその場しのぎのやり方は、税金を国民からもらっている国がやることではない。そんなことを考えたり実行するのは、うちの会社の新入社員でもできる話です。何故このようなことになったのか分析し、改善策を直ちに示すことが重要だと思いますが、この人たちはそこまで考える頭が無いのでしょう。何せこれだけの数の学校が履修不足であることを全く知らなかった(?)のですから。

   マスコミが強く突っ込んでいない(?)かなり引っかかる疑問があるのですが、今回の履修不足は今年だけに限らないのではということです。いったい何年前にこのようなことは起こっていたのであろうか?もしかしたら、自分自身も履修不足だったのではとも疑ってしまいます。。。
家賃更新
   ようやく360万円を超えました。が、いまだに1部屋空いたままです。首都圏のオフィス賃料は何と15ヶ月連続で上昇しているというのに、空室になったままとは情けないです。

   このまま空室のまま年を越えるようなことにはならないようにしたいですが、こればかりは祈るだけです。
三菱UFJ銀行は最悪!!!
   3連休がとうとう終わってしまいました。我が家は遠出はしませんでしたが、それなりに充実した連休を過ごしました。毎日、必ずドライブに行って、いつもはいかない少し遠目の公園で遊びました。テーマパークも1日ぐらい連れていってあげようかと思いましたが、この3連休は天気も良かったですしちょうど秋真っ只中だったので、テーマパーク系はものすごいことになっていると思い止めました。公園も結構混んではいましたが、広い敷地内を自由に使ってあそべるので、かけっこをしたりフリスビーをしたりかくれんぼをしたりとかなり疲れるまで遊びました。やはり子供にとっては公園が一番という結論にいたりました。高いお金を出してテーマパークに行くのもたまには良いですが、子供は遊びの天才です。立派なものを大人が用意しなくても、大きなスペースと自然があるだけで、土遊びや木登りやいろいろな遊びを次々と始めます。大人は大人で自然の中で、日頃のストレスを癒すことができるし、財布の紐が痛まない分、外食に費やすことができます。これからはいろいろな公園を制覇していきたいと思います。

   今日は、子供を公園に連れて行く前に、街にくりだしました。買い物をしたのと、かなり溜まった通帳の記帳が目的でした。我が家では妻のも合わせて6個もの銀行口座を持ってます。中にはほとんど利用してないものもありますが、用途別に口座を区別して使っております。いつもついついと溜まってしまうのですが、今日もまとめて記帳をしてこようと、金庫から全ての通帳を出して持っていきました。結構大きな街に出掛けていたので、主要の銀行は一通り店舗があり次々とATMを回って記帳していきました。最後に残ったのは三菱UFJ銀行でしたが、通帳を入れても戻ってきて「この店舗ではこの取引は対応しておりません。」といったような文字が表示されました。窓の方に目をやると「旧UFJ銀行店舗」というシールが這ってあり、旧三菱銀行の口座を持っている人は受けられないサービスがあるという内容が記載されていたので「おそらく旧三菱銀行の店舗へ行かないとできないのだ。」と思い、旧三菱銀行の店舗を探しました。探すこと15分ぐらいに大き目の店舗が見つかり、入り口のシールを確認したら「旧三菱銀行店舗」とありましたので、これで記帳ができると思い喜び勇んで入って行きました。実際に通帳を入れると、「この取引は取り扱っておりません。」と出てくるので、銀行員の人がちょうどいたので「これどういうこと?」と聞くと、「通帳の記帳は平日のみしかやっておりません。」と返ってきました。。。あっけにとられた私は、「他の銀行では全てできましたよ。」といっても所詮一銀行員です、「申し訳ございません。」と言うだけでした。

   三菱UFJ銀行と言えば、ボロ儲けしている銀行の筆頭とも言える存在です。その銀行が通帳記入を平日しか行っていないという事実を知って、怒りがこみ上げてきました。「どこの誰が実際に平日に通帳を持ち歩いて記帳ができるんだ!」と怒鳴りたくなりました。。私のような平日忙しく働いているサラリーマンのことを全く考えていない銀行です。たかがそんなことでと思われる人もいらっしゃると思いますが、その「たかが」という言葉はたいがい「されど」という言葉に置き換えると思います。今はそういうせこいことをいっぱいしてボロ儲けしているかもしれませんが、消費者を舐めているといづれ足元をすくわれるでしょう。私的には、全く重要な取引をしている訳では無いので、早く潰れて欲しいです。ここの口座は2つ持ってますが、昔勤めていた会社に経費振込み口座として無理やり作らされただけなので、速攻解約しようと思います。
日米野球
   今日は3連休初日で天気も良かったのですが、出遅れました。どこか出掛けようとは思ってましたが、どこに行くとも決まらず、妻が今朝9時過ぎになってどこどこへ行きたいと言い出し、高速に乗ったのですが車、車、車状態で1つ目の出口まで1時間近くかかって折り返して帰ってきました。。。子供は2時間近くも車に乗せられてものすごく不満そうだったので、昼食をまずい中華屋でとってから、広い公園に向かいました。公園に着いた途端、子供は水を得た魚のごとく元気になり、3時間近くめいっぱい遊びました。帰りも外食し家に戻ってきて、お風呂に入り子供はバタンキューでした。

   今日、日米野球の初戦をしたようですが、チャンネルをつける気もしませんでした。理由は日本チームを野村監督が指揮をとっているからです。私は彼の性格が大の嫌いです。ヤクルトの監督をしていたまでは良かったかもしれませんが、阪神では全く実績をあげられなかったにも関わらず、星野監督が指揮を獲ってから生まれ変わったチームを見て、「選手に裏切られた気持ちになった。」とか「あいつは自分が育てた。」とかテレビの前で言ってはばかってました。そのくせに、才能の無い息子を起用したりするところは公私混同も甚だしいと思ってました。現在指揮をとっている楽天でも相変わらずの「ボヤキ」は健在で、選手の実力不足を言い訳に自分の責任不足を全く語らないところが最悪です。さらに、このチームでも息子「カツノリ」を起用し続け、ファンと選手からはかなりヒンシュクをかっていたと想像できます。

   本題の日米野球では、辞退する選手が続出して、野村は選手批判ばかりしてましたが、これまでのアンタの態度を良く思ってない選手が多いだけではないの?と言ってみたい。負ければ選手のせい、勝てば自分のID野球のお陰という態度をとり続けてきた人間に誰もついていかないでしょう。そもそも人望というものが無い人だと思います。これが王監督、長島監督、星野監督だったらどうだったでしょうか?当然、これほどまでに辞退する選手は居なかったことでしょう。会社の組織でも同じことですが、人望の無い人間が上に立つほど痛々しいものは無いですよね
誇張広告のソフトバンク
   先日、世の中を賑わせた悪徳ソフトバンクの予想外割引が誇張広告に値するということで、公正取締委員会より調査が入ったとの報道を見ました。あの会見で「何か怪しい」と思ったのは私だけではなかっただろうと思いますが、やっぱりあの会社がやりそうなことだという裏がありました。使用法によっては割引どころか割高になるケースもあるし、広告しているような割引を得るにはたくさんの条件があるようで、広告の下に小さな小さな文字で書かれているようです。これって悪徳商法に近いものではないか!消費者が安いと思って飛びついたら、気づきもしないような小さい文字で条件が書かれていたなんて、やっぱりあの会社がやりそうなことだと思った。

   さらにいただけないのは、システムが2日連続に止まって、ソフトバンクに乗り換えるユーザーだけではなく、ソフトバンクからAU・ドコモへ乗り換えるユーザーも手続きができないといった失態まで露呈しました。ソフトバンクのこのようなズサンなやり方は今に始まったことではない。ADSLのルーターをアホみたいに街中で無料で配布していた時なんか、申し込みから接続まで異常なまでの期間を要したこともあったけど、それでもタダルーターの配布を止めなかった。孫正義よ!いい加減阿漕なビジネスはやめろ。AUとかドコモが稼ぎすぎとか言ってるけど、お前も球団買うぐらい稼いでいるだろ。携帯電話の料金体系を下げるとか一見消費者の見方のフリを装って金儲けすることしか考えていないだろうが。実際に先週末はどれだかの一般庶民に迷惑をかけたのか分かっているのか!

   不幸にもソフトバンクに騙された方々はお気の毒でした。誰でもあんな過剰広告を見たらそう思ってしまうかもしれないですが、ソフトバンクという会社は昔からこんな感じの商売をしていました。
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。