あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外組
   昨日のワールドカップ日本代表の試合を振り返って、やっぱり最終的には海外組なんだと思いました。昨日の殊勲者はなんと言っても川口であるが、稲本、中田、中村、高原、柳沢とワールドカップ本選に入り、明らかにゲームを引っ張っていっているのが見て取れる。初戦から抜群の安定感を見せている三都主も元々外国人であった選手が異国の日本でプレーしている意味では海外組と大差はない。

   じゃあ、何故結局海外組なのかというと、それはタフな精神力・世界トップクラスの中での経験・いろいろな状況下での適応力からくるものだと思いました。ワールドカップの試合になると、国内では体験できないような緊張感があると言いますし、普段まず試合を交えるようなことが無いトップクラスの選手がどの国にも存在します。そんな中で国内でプレーしている通りにさせてもらえる訳が無いし、想定外の状況に幾度と無く出会っているように思えます。現にJリーグの試合とワールドカップの試合は、素人の私が見ていても全くの別物なのです。野球とベースボールのような違いだと思います。そこで、WBCでもメジャーで活躍する選手が中心となって活躍した通り、サッカーでも海外組を中心にチームを組むべきであったのではと思います。

   ジーコもチームを立ち上げた当初はその気持ちを強くもっていたようでしたが、どうしても一緒にできる練習が少ないし、試合で試せることも少なく1人1人と国内組をレギュラーに入れてきました。それが悪いのでは無く、ある意味選択肢がなかったのかなあと思うし、毎試合国内組が頑張っている姿を見ると次第に情に流されたのかもしれません。国内組でも中沢、福西、加地と大活躍している選手も居ますが、やはり海外組が持っている試合の流れを読む力や試合運びの巧みさ、それにいろいろな状況下に応じた判断力で少し引けがあるのは否めないように感じました。特に状況下に応じた判断力=適用力という意味では海外組の方が完全に突出してます。こればかりは海外組のメンバーが言葉も文化も違う外国でただ一人頑張って得たものだから、すぐに人から教えてもらって得られるものではありません。

   日本も頑張っているとは思うが、ただただ残念なのは小野をフルに起用しないことです。やはりあの才能溢れたプレーヤーをベンチに温存することは歯がゆくて仕方ありません。誰もが小野の活躍を知っていると思いますが、既に2連勝し決勝トーナメントを決めたオランダでトップクラスの活躍をしていたのです!オランダもサッカーが大変盛んな国で、今回のワールドカップでの強さを見ていても本物です。そんな国で大活躍した選手がベンチを暖めて予選大敗とは何とも理解しがたいです。もちろん、ワールドカップに入る前は小野も怪我をしており、本調子では無かったこともありましたが、あれだけ素晴らしいプレーのできる選手でしかも海外での十分過ぎる実績とあの天才的な想像力溢れるプレーを持ってすれば必ず世界をギョッと言わせることができるはずです。今までもそうしてきたように。。。

   ジーコよ。小野をブラジル戦でフルで使ってくれー。稲本の活躍で確信したが、やはりこのような状況で最も頼りになる武器は海外で経験を積んできたサムライたちだと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。