あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガイアの夜明け
   今日の暑さは何なんだ!じっとしているだけで汗がジトーっと出てくるし、道行く人たちはみんな汗で顔テカらせて不快そうに歩いてました。電車の中でもいつにも増してイライラとしている人が大勢居て、大人なんだからもう少しゆとりを持てば良いのにと思ってしまいました。私がそれほど紳士な態度をとっている訳ではないのですが、少なくとも自分の方から相手に嫌な気分を与えるようなことはしてないつもりです。ただ、自分が押されたり、足を踏まれたりしたら黙ってはいないタイプです。最近若者のマナーが悪いと良く言われていて、確かに悪いことは悪いのですが、オヤジ達の方がよほど悪いです。降りる時も人の背中をグイグイ押しますし、人の席の前空くとここぞとばかり横取りしてきます。そんな奴をみると意地でも席を譲ってやるかと自分が座ってしまうのですが、そんな私も子供っぽいなあとつくづく思います。

   私は「ガイアの夜明け」が大好きです。毎週火曜日10時からなのですが、ついつい報道ステーションを見ていて見るのを忘れがちなのですが、人々のドキュメンタリが見られるので大変興味深いし、時には自分の生活や生き方の参考になります。先日の放送は6月1日から始まった民間業者による駐車違反の取締りでした。取り締まる側もかなり大変そうだなあと思いつつ、更に興味深いテーマに移ってから引き込まれていきました。この法律の施工により、駐車場ビジネスが加熱しているというテーマで、このビジネスチャンスに50歳の公務員が残りを人生を賭けるという話でした。その曰く、給与アップで全く見込めないまま残りの公務員生活を送るより、自分でビジネスを立ち上げて儲けたいとのことでした。面白がっては悪いのですが、肝心の奥さんが大反対されていて取材にも応じてくれなかったとナレーションが入った時は少し笑ってしまいました。また、その方のビジネスプランもしっかりと練られているようで練られていないような感じがなんとも親近感が沸きました。

  仕事の合間を縫って、土地を捜し歩いてようやく手にした土地についに駐車場を立てちゃいました。また、駐車場完成間際の時に、業者に報酬シュミレーションをはじき出してもらっているのです!それってもっともっと前の段階でやらなければいけないのでは?と思いながら、やはりというか当然、業者が弾き出した売り上げとその方が考えていた売り上げは大きく開きがあって、ほとんど利益が出ないものとなってました。それでもその時は業者の計算がおかしいとばかり不服そうな顔色でしたが、いざ駐車場がオープンして最初の集金に言ったら、売上金は大幅な赤字ペースとなってました。「こんなことは妻には言えない。」と笑いながらしゃべってましたが、既に公務員を退職しているのに大丈夫なの?と心の底から心配でした。

   私が副業を提言し続けているのはここにあるのです。会社を辞めて独立してやっていく人は世の中の本当に数パーセントです。プロ野球選手よりは確率は高いでしょうが、サラリーマンとして成功する何百倍も難しいことなのです。私が今回思ったのは、駐車場ビジネスは黙っていてもお金が入ってくるビジネスモデルです。もちろん集金や計算などに時間を取られますが、私が思うのは公務員をやりながらでも十分にできることです。おそらくですが、この方は「駐車場ビジネスで成功をする。」よりも「公務員を辞める。」ことの方が比重が高かったのでは無いのでしょうか。意外と何を始めるにしても、何かから逃げるためにすることが人間は多いものですが、必然とそういうものはうまくいかないのです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。