FC2ブログ
あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
法務省のアホども
   今日は涼しくて雨もパラつく程度で過ごしやすい一日でした。今は最近は半袖で会社に行ってましたが、今日は肌寒く感じるぐらいだたので久々に長袖のシャツで出勤しました。

   今度は法務省の不祥事です!何でも1700万円分の国民の血税をチョロまかしたようです。何人が対象か忘れましたが、実際に購入した航空券は格安チケットで購入していたくせに、出張申請する際にチャッカリと正規料金で申請し、差額を自分らのポケットに入れていたとのことです。こんなこと民間企業ではバブル当時はともかく、今ではやりたくてもしっかりとプロセスが確立されているのでできません。それに法務省の出張費は全て国民の税金で賄われており、我々の資産でもあります。こいつら本当に全員逮捕されるべきだと思います。何故業務上横領の容疑とかで立件できないのか不思議でなりません。メディアももっともっと役人らの不祥事をしつこいぐらいに書くべきであり、皆の記憶が薄くならないためにもこれまで起こした不祥事の全てを年表にし、全ての損失額を掲載して欲しいものです。

   ここでふと閃いたのですが、これまで役人の馬鹿どもが無駄にしてきた税金を洗いざらい掲載した雑誌でも創刊したらかなり売れると思うし、国民の政治への関心も高まると思います。無駄な公共事業・道路・第3セクターの投資、賄賂・横領、社会保険料隠蔽工作、ニート対策のような税金無駄遣いの政策、発注業者への談合、議員宿舎などの政府資産の無駄、などなど洗いざらい全て詳細に綴っていけば、いったい何十兆、いや何百兆もの金が無駄に使われているのが分かることになるでしょう。これまでこのような取り組みを行ったメディアはありませんから、是非やるべきです。ある意味大きなビジネスチャンスでもあると思いますし、国民に今の政治が如何に低迷しているか知らしめる良い機会になることでしょう。それともそんな雑誌を立ち上げよう物ならば、どっかで潰されるのでしょうか?賛同するものはいくらでもいるかと思いますが、企業の賛同を得るには難しいかもしれませんね。大きな会社になればなるほど政治家との癒着がありそうですから。。。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析