あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アクセス35万突破!
   いつの間にか35万アクセスを突破してました。アクセスカウンターによると、一昨日に35万アクセスに達したようです。毎日数百のアクセス頂けるサイトになったことに喜びを感じてます。このアクセス数は、自分が書いてきたことに対する唯一の通信簿みないたものですから、増えれば増えるほど重みを感じます。私もあとどれだけサラリーマンを続けるのか分かりませんが、サラリーマン生活を続ける限り、常にサラリーマンの視点からものを書き続けてこのサイトは続けていきたいと思います。

   ついに8月になってしまったのですが、今週のこのすがすがしさは気持ちいいですね。来週から本格的に夏が到来ということですが、夏と言えば花火、祭り、海、川、プール、キャンプと出掛ける機会が増えますが、水害だけはお気をつけください。残念なことに今夏も水害で亡くなった方のニュースが後を絶ちませんので、くれぐれもご注意ください。

   先日ニュースを見てショックを受けましたが、埼玉の市民プールで小学生がプールの排水溝に吸い込まれ亡くなりました。事件のあったプールは流れるプールで、排水溝の蓋が外れたままになった時に起こったものでした。プールの管理会社も蓋が外れていたのは気づいていて、事前に排水溝の周りに近づかないように注意を促していたとのことでしたが、ふざけた対応に腹が立ちます。まずやるべきことは、流れるプールのポンプを止めるのが先だろうと思わなかったのだろうか。ポンプを止めないという判断をしたのなら、外れている間に排水溝の前に人を立たせておくこともできたはずである。海や川などの自然環境で起きた事故に対しては、致し方ないと思うことはできても人工の施設で、それもただ単に他人の不注意によって自分の子供を失ったら悔やんでも悔やみきれないと思います。

   シンドラーエレベータもパロマ工業も今回のプールの管理会社も全て不注意により死傷者を出したような企業には、これ以上ないぐらいの厳しい処罰を下すべきだと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。