あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョンベネちゃん殺害犯逮捕
   今日は更に暑さを増して不快指数が高くなってきました。夏が戻ってきたことを実感させます。まだ今週はお盆休みの企業が多いので、来週からまた通勤が大変そうです。

   今日、タイでジョンベネちゃんを殺害した犯人が逮捕されました。元小学校教師とのことですが、見るからに怪しさ丸出しの顔をしてました。報道陣の質問に対しても「ジョンベネ、愛している。」といった意味不明な発言をしており、精神的に病んでいる様に見えたのは私だけでしょうか。また、この男が滞在先のタイで小学校の教員として就職見込みだったことも分かり、逮捕されなかったらタイの小学校の教員になっていたかと思うとゾッとします。

   この事件は、犯人が全く見つからず、徐々に両親へ疑いの目が向けられていきました。アメリカの各メディアはまるで犯人を扱うように連日この両親を取り上げました。またメディアのみではなく警察も嘘発見器にかけたり、尋問を繰り返したりして、両親をかなり苦しめたことでしょう。事件が起こったのがちょうど10年前ということを考えれば、この両親は我々が到底想像もつかないような毎日を過ごしてきたことでしょう。また、私は今日の報道で初めて知りましたが、2ヶ月前にジョンベネちゃんの母親は癌で亡くなっていたとのことです。とても無念だったことでしょうが、この事件は曲がった人間社会を凝縮しているようなものであることを感じました。子供を失って失意の両親に追い討ちをかけるように、マスコミ・警察が執拗に攻め続けました。「何の罪も無い人間を本来守る立場にある人間が攻撃する。」といった今や全世界で当然となってしまっていることにさえ感じます。

   マスコミ・警察はどこの国も大差無いですね。マスコミは視聴者の興味をかきためるためには、手段を選ばす民家の前にだろうとどこへだろうと執拗に追い回し、心無い言葉をぶつける。視聴率を獲得するためなら、何でもやるといった姿勢がよく分かる。警察は検挙率といった自分らの都合しか考えない奴が多くなっている。世界的に誤認逮捕というのは日常茶飯事になってしまっているが、自分らの都合ばかり考えて「こじつけ」て無罪の人を逮捕してしまうのである。テレビで取り調べの様子が放映されていたが、ひどいもんである。ジョンベネちゃんの両親に苛立ちを隠せずに怒鳴り散らしてさえいるのである。自分らの無能さをまるで当たり散らしているようにさえ見えました。今回の逮捕で、確実に誰が犯人で誰が無罪であったことが分かったので、警察とメディアはジョンベネちゃんの残された父親には、いくらしても足りないぐらいの謝罪をするべきだ。当然のことながら、各組織のトップは社会的責任を負うべきであり、膨大な損害賠償にも応じる必要があるでしょう。ジョンベネちゃんと母親の冥福を心からお祈りしてます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。