FC2ブログ
あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
不二家の不祥事
   不二家が賞味期限切れの原料を使って大問題になり、不二家社長が退任するまで騒動が発展しました。やはりパロマにしてもそうでしたが、一族企業では社内コンプライアンスを維持するのは難しいのでは無いでしょうか。私は一族企業に勤めることだけは御免です。実際に勤めている人には申し訳ありませんが、権力が集中し過ぎて独裁的な経営が横行しがちだから嫌です。そういう企業では、自分のやりたいことを鶴の一声で変えられたりして、やりたいことも目一杯できないでしょうし、自由に意見を言うことすらできないような気がします。そういう閉ざされた企業文化が蔓延っているからこそ、こういう不祥事が出てきてしまうのではと思います。

   このニュースを聞いて私は本当に残念でなりませんでした。不二家は今ではほとんど利用する機会が無いのですが、幼少の頃は親が時々連れて行ってくれて、良い思い出が残っているからです。普段、家では食べられないご馳走をたくさん食べることができて、ケーキやパフェなどの食後のデザートを食べたことは今でもはっきりと記憶に残ってます。また、家族みんなで笑いながら、ご飯を食べた暖かい思い出が残っている場所です。今思うと、あの頃はたいした悩みも無く、両親からたくさんの愛情を注いてもらっていた最も幸せな時代でした。そんな思い出の場所が無くなってしまうかもしれないほどの危機に晒されてしまっていて、本当に残念です。私はあの良い思い出を自分の子供にも分け与えてあげたいと、たまに連れてはいくのですが、今では他にも山ほどファミレスが出来ているので、不二家がうちの子供にとって思い出の場所にはならないかもしれません。もしくは、不二家の存在そのものが社会から無くなってしまうかもしれません。実際に問題となった食品以外のお菓子も、ほとんどのコンビニ・スーパーなどの店舗から取り扱い停止にされていて、今後やっていくのは厳しいだろうと思います。

   雪印の時も社会から徹底的に叩かれたのに、このような不祥事が起きるということは、会社のトップが悪いのです。上の人間がそういう体質を作ってしまっている訳ですし、そのような不祥事を事前にチェックする機能すら考えられてない訳ですから。一族企業なら尚更のことです。こういう会社の下で必死に働いている従業員は本当に可愛そうでなりませんが、復活することを願っています。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析