FC2ブログ
あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
ノリ、年俸50分の1にも「喜び」
   今日は今年一番の冷え込みでした。家の中に居てもスースーと寒かったです。我が家は床暖房をメインとしてますが、ここまで冷え込むと少し寒く感じます。ガスストーブもありますが、空気が悪くなりますし頭がボーっとするのが嫌なのでほとんど使いません。この寒さなので外には遊びに行かないで、家の中で子供と折り紙をしたり、トランプをしたり、オセロをしたりして遊びました。夕方になる前に妻が買い物に行きたいというので、駐車場付きのスーパーまで車で行ってきて、スーパーの前で売っていた焼き鳥を買って、車の中で皆で食べて帰ってきました。一日中家の中に居ると、どうしてもダラけてしまいますので、少しでも外に出ると良い気分になります。

   さて、今日のニュースで中村ノリが中日の育成選手になることが決まったと報道されました。昨年からオリックスと揉めるに揉めて、結局辞めてからゼロからのスタートとなってしまいましたが、人の人生なんてあっという間にどん底まで落ちてしまうものだと思いました。我々サラリーマンもこれは人事ではなく、常に降格、転勤、左遷、異動、減給、リストラと人生が変わってしまってしまうようなリスクに常に晒されている訳です。中村の件は、正直馬鹿だなあと思ってみていましたが、サラリーマンの世界でも良くあることのように思いました。あまりにも自分を過信して、周りが見えなくしまってしまうとああなる人が居ます。それで、自分が思っている評価と会社からの給与が天と地ほど開いてしまい、評価をした上司と喧嘩して辞めたり、望んでもいない部署に異動させられたりしてしまいます。

   私もいつも会社から過小評価されていると思ってしまう傾向にあるので、この悪い例を見てもう少し謙虚になった方がいいかなと思います。結局は会社から給料がもらえなって、その分を自分で直ぐにでも稼ぎ出すスキルなど持ってない場合は、従わないといけないのです。大半の人はプライドを持って仕事をしていると思いますが、そういうものは自分の心の中で思っていれば良くて、それを表に出した途端に「つまらないプライド」に変わってしまう気がします。本当に評価されている人はそれほど自分をアピールする必要は無い訳ですし、相手に分かって欲しいが為に意地になってしまうと、もうどうにもならなくなってしまうのでしょう。中村ノリもそのパターンだと正にそのパターンでしょう。本人は「つまらないプライド」の為に、「後悔」を口にすることは無いでしょうか、本心は間違いなく後悔しているはずです。オリックスとやりあったために、しばらくの間十分な施設で練習できなくなり、再就職先を探す羽目になった訳ですからね。更に、ようやく見つけた中日での待遇は、年俸が50分の1となり、1軍の試合に出られない育成選手としてのスタートなのですから、これはどう見てもオリックスとあそこまで揉める必要はあったのかと感じます。

<中村紀洋>中日入団決まる 育成選手として

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070225-00000016-mai-spo
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析