あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィギュアとの出会い
   フライトジャケットの出品で味をしめた私は、大学生の頃から趣味で集めていたフィギュアを処分しようと決意します。この章ではタイトルの通り、フィギュアとの出会いを記述させていただきます。

   私は大の映画ファンで、幼少の頃から映画のチラシ・パンフレットを集める収集癖がありました。1992年に大学生になって、バイトでそれなりの収入を得るようになりフィギュアを買い漁るようになりました。きっかけは東急ハンズで売っていた500円のスパイダーマンでした。ふと気になって手にした私は子供の時に戻った時のような感覚になるのと同時に「最近のおもちゃはなかなか良い出来だなあ」と感心していました。手足の付け根の部分はもちろんですが、肘・膝・手首・足首といった体の隅々まで稼動し、スパイダーマンの複雑なコスチュームも完璧にペイントされていました。もうこれは購入するしかないと思い500円でしたし、購入することになりました。これが私のフィギュアコレクションの第1号でした。それからは映画に関連したフィギュアが以外と多い(特にSF関連)ということが分かり、スターウォーズ・エイリアン・プレデター・ターミネーター・グレムリンといったフィギュアを次々に購入するようになりました。値段は最初は2000~3000円ぐらいのものを購入してましたが、高いものでは数万円するものまであり、作りも本当に精巧でこれは完全に大人をターゲットにしている商品なのだと考えはじめました。ある日、本屋で目にしたフィギュアを取り扱った雑誌をいくつか目にして、まさに当時はフィギュアブームの始まりであることを知りました。

   フィギュアブームはしばらく続き、私が大学在籍中も次々とコレクションは増えていきました。1997年に社会人になってから、大学生の収入とは比べ物にならない給料を手にした私は、より高価で細部まで忠実に再現したフィギュアのみに絞るようになりました。もうその頃はまさにフィギュアブームの絶頂で、家電量販店のさくらやがフィギュアを取り扱い出したりとあらゆるところで目にするようになりました。私は完全に大人をターゲットにした商品のみに絞り込んで購入するようになっていたのですが、もちろん子供向けの商品も当時は飛ぶように売れて、大人が目の色を変えてそのような商品を物色するのを見て、冷めていく自分に気づきはじめていました。その時はちょうど2000年前後だったと記憶しております。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。