FC2ブログ
あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
フィギュアの販売を決意
   ちょうどフィギュアに対して気持ちが冷めてきた頃、当時付き合っていた人と結婚することになりました。付き合っていた頃は、恥ずかしさもありフィギュアの趣味のことは一切口にしませんでしたが、新居に一緒に住むことが決まってから告白することになりました。初めて聞いたとき、彼女はちょっと引いてましたが、実際に目にするまではあまり真剣に受け止めていなかったようです。その後、私の家に来て実際にコレクションの山を見たときは、さすがに唖然としてしばらく言葉を発しませんでした。

   新居に引っ越したときも大事なコレクションも当然一緒に持っていきましたが、収納場所が思ったよりなく、無理やりあちらこちらに詰め込みました。時が経つにつれて妻は露骨に嫌な顔をするようになり、私に処分を求めるようになりました。私は大事なものだからとかたくなに丁重に断っておりましたが、収納場所も満足に確保できない状態でしたし、その頃妻は身ごもっておりましたのでそろそろ処分しようかと思い始めていました。

   話が前後してしまいましたが、その時にヤフーオークションと出会い、フライトジャケットで想像以上の高値で売れたことも後押しし、オークションでこれらのコレクションを処分しようと決意しました。もちろん、その時妻に話したのはコレクション全部ではなく、どちらかというと安価でコレクションの中でもそれほど気に入ってないものだけを出品すると言いました。それでも妻にとっては思いがけない言葉だったようで、「何でもいいから、少しでも少なくなるのであれば大歓迎」とのことでした。私はかなり複雑な思いでした。妻が大喜びする一方、これまで大事に集めてきたコレクションを手放すことは本当に心苦しい気持ちでした。こんな事を書くと馬鹿かと思われてしまうかもしれませんが、たかがフィギュアと言えどもそれぞれのフィギュアに思い出も詰まっているのです。ある物は売り切れ直前に並んでやっとの思い出ゲットしたもの、ある物は旅先で偶然立ち寄ったお店で見つけた超レア品、またある物はお店のディスプレイ用で展示されていて売り物では無いものを店主に直談判し、何とか譲っていただいたものなどそれぞれのフィギュアにストーリーがありました。ですので、気に入って無い方のフィギュアでも私の中には、かなりの思い入れがあるものばかりであったのは言うまでもありません。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析