FC2ブログ
あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
灯台元暗し
   「灯台元暗し」とはこのようなことを言うのだと深く実感した出来事がありました。私の会社は競争の激しい電化製品を扱っているのですが、頻繁に販促グッズを商品のキャンペーンや展示会などで配っております。この販促品は大体余分に作ってしまい大量に余る事が良くあります。



    ある日の展示会最終日の時のことです。展示会が終了し、展示していた商品を梱包したり、配布していた会社案内・カタログなども片付けた後に、大量に残った販促品が目の前にありました。これまでは他に使い道が無いという理由でまとめて業者に処分してもらっていたので、何のためらいも無く処分に出そうとしていた自分にふと気づきました。これは、オークションで出品すれば、結構なお金になるのではと思ったのです。もちろん、会社のものなので、厳密に言えばそれを個人の利益に使うのはまずいのですが、みすみす捨ててしまうというのはどうしても腑に落ちなかったのです。そこで、展示会の責任者の方に自分が引き取っても良いか聞いてみたところ、捨てるのだから別に構わないとのことでしたので、喜んで梱包して自分の家宛てに発送しました。

    翌日、展示会会場から、大量の荷物が届いて本当にいろんな種類の販促品があったので、まず種類別に分けてからダブって無いものだけを全て写真に収めて出品してみました。もともとタダで配っていた販促品でしたので、あまり期待してませんでしたが、出品してみると次々に入札が入り落札されていきました。2002年から2年間かけて、約300点のアイテムを出品しましたが、総売上65万円にまでなりました!単純に300で割ると平均単価は約2100円ですが、塵も積もれば山となれです。今でもちょこちょこと出してはいるのですが、不況のため以前のように豪華な販促品を作らなくなったので、落札単価はだいぶ落ちました。評価やお礼のメールで分かりましたが、販促品=非売品となるのでそこに価値を感じる人が結構多いのです。更に通常のお店で買うより安いので、順調に落札されたのだと分析しております。

    これまで山のように捨てていた産業廃棄物が結構な利益をあげたのです。今では私の話をもとに、周りの社員も同じように出品をしているので、自分の分け前はだいぶ減りましたが、すごく良い事だと思います。もちろん、利益を上げられるということもあるのですが、何でも捨ててしまう今の現代社会の風潮は間違っていますし、そういう輪が広がっていくというのは心地が良いものです。ちょっとおおげさですが、また一つオークションを通じて学んだ気がしました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析