あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オークション説明欄の書き方
   オークションを出品する際に最も重要なのは、説明文です。当然、設定する金額も重要なのですが、こちらは商品のジャンル・出品する時期・終了する時間帯・曜日などの様々な要因に左右されますので、出品価格については出品する皆さんの方が良くお分かりになってるはずですので、語りません。

   ここでは、私がこれまで多くの出品をしてきたフィギュアについて書かせていただきます。最低必要な情報として、メーカー、発売時期、サイズ、素材、こだわりポイント、状態、事務項目の7つが最低必要なポイントです。下記の通り、それぞれのポイントについてコメントさせていただきますので、少しでもご参考にしていただければ幸いです。


①メーカー

 フィギュアの場合は、作ったメーカーの評価というのはものすごく重要です。各メーカーに特色があったり、やはりその業界で培ってきたブランドというのがあります。無名のメーカーはやはり敬遠されがちです。ただし、無名でも作りが精巧でしっかりしたものでは、後々一気にメジャー入りを果たし、超プレミアアイテムになることも十分あり得ます。更に、メジャーのメーカーが潰れたり買収されたりということもこの業界ではしばしばあります。パソコンや家電商品などは、サポートの不安などからこういった製品はどうしても人気が急落してしまうのですが、フィギュアの場合は、正反対です。メジャーだったメーカーの商品がもう手に入らなくなるという理由から、逆に希少性が増して値段が上がることが期待できるのです。従いまして、メーカー名だけはしっかりと記載するようにしましょう。

②発売時期

 いつ作られて、いつまで発売されたのかは買う側とは重要なポイントです。もし、その商品が一般のお店ではもう手に入らないものならば、そのオークションを逃したら二度と手に入らないかもしれないのです。当然、時期が古ければ古いほどプレミアは付きやすいですので、古い商品は年を特定できない場合でも年代ぐらいは強調して記載することをお勧めいたします。

③サイズ

 フィギュアの大きさもコレクターにとっては大切な購入決定要因になります。コレクターは大体飾り棚を持ってますので、その棚に入らないような商品はやはり手が出しにくくなってしまいます。縦・横の寸法はもちろんですが、奥行きも記載した方が良いでしょう。重さはそれほど重要にはならないと思いますが、重いものであれば「重厚感がある。」といった何とも高そうな表現を使えるので、落札者には好印象を与えることも期待できるでしょう。

④素材

 フィギュアの中でも、ソフトビニール・レジン・プラスチック・金属・陶器などあらゆる素材で作られております。この情報も実際に手にとって商品を触れない買う側に取ってみれば、商品を手にしたことをよりイメージしやすくします。オークションが成立した後に、落札者が全く想像と違ってたとがっくりするような事は聞きたくないですし、お互い気持ちよく取引したいですよね。

⑤こだわりポイント

 これが最も落札金額に左右するポイントだと私は思っております。買おうかどうか迷っている購入者に対して、最後の後押しをするセールストークだとお考えいただければと思います。このポイントはそれほど大それたことを書く必要は無く、何故あなたがその商品を買うことを決断したかを中心に書けば良いのです。商品を購入するには、誰でも買うに至るだけの理由というのを持っているかと思います。私をフィギュアを購入する際に最も重きを置いている事は、出来が良いかどうかです。説明欄に書くときはそれをさらに掘り下げて、具体的にどこの部分がどう良いのかということを記載します。他にも、既に販売終了していて手に入りにくい商品や限定商品などはその事もちゃんと記載するようにしましょう。また、プレミアが付いている商品については、実際にどこでいくらで売っていたという情報を入れれば、意外とそれに近い金額で落札されたりすることが多いです。

⑥状態

 このことは説明は不要だと思いますが、当然入札者はその商品がどういう状態なのか気になります。期待とは逆に傷だらけの商品が届いたらショックですよね。よく見ないと分からない傷・しみなどまで細かく記載する必要はありませんが、目立つものをあえて隠すようなことは後々トラブルの元になりますので控えましょう。

⑦事務項目

 送料は必ず記載するようにいたしましょう。入札を検討している人は誰でも落札金額+いくらかかるのか入札する前に知りたいものです。また、軽くて小さな商品は(割れ物ではなければ)極力定形外郵便で発送すれば、送料負担が減りますので、落札金額アップが望めます。また、支払い先の銀行名も記載すれば、入札者が自分と同じ銀行かどうかで振込み手数料も計算すことができます。もし、都市銀行・郵便口座(パルル)両方とも対応すれば、より親切でしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。