あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
商品の撮影
   前回と前々回は、説明欄の書き方・タイトルの付け方の重要性について触れましたが、今回は商品の撮影について書きたいと思います。

   ネットオークションという商品購入者が直に商品を見れない・触れない状況の中、商品の画像がものすごく重要であることをご認識いただきたいと思います。では、どのような画像を掲載すれば良いか、絶対にやってはいけないNG例を元にご説明したいと思います。

絶対に掲載してはいけないNG画像例

① 画像がピンぼけしている。
  どんなに商品が綺麗で状態が良くてもピンぼけしていては、それを確認しようがありません。注意深い入札者から、傷や汚れを隠すためにやっているのではと疑われてしまうかもしれませんので、もし、撮影後ピンぼけしていることが分かったら、改めて撮影し直しましょう。

② 背景が汚い。
  商品がよく取れていても背景が汚ければ、これまた話になりません。商品の後ろに汚いダンボールや洗濯物が映っていたら、皆さんはその商品を買う気になりますでしょうか。また、たまに撮影した時に自身の手足が移ってしまっていることもありますが、これも良い印象は与えません。ではどのような画像が良いかといいますと、商品が栄える無地の背景がベストです。例えば黒い商品でしたら、白いシーツの上で撮影すれば、商品がとても綺麗に写ります。シーツでなくても無地のハンカチや布でも十分使えます。

③ 詳細まで映ってない。
  写真を1枚しか掲載してない商品をよく見かけますが、これはお粗末過ぎます。例え誰が見たことのある商品であっても、その出品している商品の状態が良いかどうかまでは、実際に商品が手元に届くまでは分かりません。その不安感を少しでも避けるために、いろいろな角度から撮影することをお勧めします。せっかく3枚まで画像を載せられる訳ですから、最大限に有効活用しましょう。例えば、フィギュアを例に挙げますと、私はまず正面からの全体写真を1枚必ず取ります。次に「人形は顔が命」という言葉があるくらいフィギュアの顔部は重要ですので、顔のドアップを1枚取ります。最後は最も売りにしたい箇所をアップで、何も特になけば横向きもしくは後ろ向きから1枚取ってから全て掲載いたします。

④ 問題がある部分は隠さない。
  説明欄に汚れや傷があると書いておきながら、その部分の画像を掲載してない場合も時々ありますが、これは入札者の不安を増幅させるだけなので避けましょう。また、後々のトラブルを回避することにもつながります。

⑤ クリアに映ってない。
  ビンぼけしてはいないものの、クリア(綺麗)に映ってないのも非常にもったいないです。室内で撮影する時は、どうしても光量が足りずに薄暗く映ってしまい勝ちですが、電気スタンドを商品の近くに持ってきて、商品に直接光をあてて撮影すれば、見違えるほど綺麗に写るのでやってみてください。されに電気スタンドの光を分散させないためにダンボールの上に綺麗な布を被せて囲いを作れば完璧です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。