FC2ブログ
あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
これからの楽しみ
   前回はサラリーマンで居つづけることのメリットについて書かせていただきましたが、今回は私が待ち望んでいる楽しみについて書きたいと思います。

   サラリーマンで居つづけるにはもちろんメリットだけではありません。
それは皆様自身が経験されていることかと思いますが、私も例外ではありません。ラッシュ時の通勤、人間関係、過酷な労働、給与カット、無駄な業務など挙げだしたら切りが無いほど、会社にはストレスの元になるようなことがたくさんあります。では何故そんなたくさんのストレスを抱えてしまうのでしょうか。私もそうですが、大半の人が我慢してしまっているのだと思います。無駄な作業を指示されてもそれをやることが無意味で会社にとっても何も貢献しないと分かっていても我慢してやってしまってませんか。また、嫌な上司に飲み誘われたりしても断らないで付き合ってませんか。会社に過酷な労働を押し付けられても会社に対して何も文句言わずにもくもくと働いてませんか。

   私も日々このような嫌な場面に出くわしますが、大半のケースは自分の中で我慢して割り切って考えるようにしております。割り切り方としては、我慢することによって給与をもらっているといるという考え方です。当然のことながら、我慢することをせずに言いたいことをハッキリ言えれば良いのですが、それを言うことによって自分の評価が下がったり、リストラされることを気にして何も言えない人が大半だと思います。私もいつもそういう場面に出くわすとハッキリ言ってやりたいと思うことがあるのですが、どうしても自分の家族の姿が頭に浮かんできて、最終的にはおとなしくしてしまいます。自分でも時々情けなく思うこともありますが、家族のことを考えれば仕方のない事です。

   私はそのようなストレスから開放される為に転職をした経験もありますが、現在の会社に変わっても何度も辞めようと思ったことがあります。転職を経験して一つ分かったことは、どの会社に入っても何かしらのストレスは必ず存在するということです。人間関係が良くなっても労働条件が悪くなったり、給与が上がっても仕事の内容は面白く無かったりと、全ての面で満足できる環境なんて本当にごく限られた一部の人たちだけで、ほとんどの人はストレスを抱えてます。結局自分が変わらなければ何も変わらないのですが、企業という団体で勤めていながら言いたいことを何でも言うということは中々難しいのです。生活のことを考えれば尚更です。

   そこで私がものすごく楽しみにしていることを説明したいと思います。仮に副業の稼ぎが本業と同等ぐらいまでいき、かつ安定してきたらどうでしょうか。当然、すぐに会社を辞めて副業に専念するというのはリスクが高いことを前に説明しましたが、今勤めている会社から首になってもしばらくは何とか生活していけます。そうなったら、社内で起こっているおかしな事に対して、他の我慢している社員に代わって声を大にして発言できると期待しているのです。いくら給与をいただいている側だからといって、「正しいものは正しい、間違っているものは間違っている。」と率直に言えることが当たり前のことなのですが、日本では残念ながら当たり前で無いのが実情です。ですので、私は早くこの日が来るのを心から待ち望んでいるとともに、日本の社会自体がサラリーマンが自分の生活を危険にさらすことなく、言いたいことが言える社会になることを期待しております。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析