FC2ブログ
あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
不動産投資を検討する。
   自宅を購入してから5年経った2004年に入ってから、気づいてみれば住宅ローンの残高は数百万円になってました。前章で書いたとおり、5年間とにかく必死に繰り上げ返済をしてきたので、自分達へのご褒美として家電製品を買ったり、旅行に行ったりと少し贅沢をしました。それほど無理して切り詰めた訳では無いのですが、何が何でもできるだけ早く返そうという思いが常にあり少し疲れてしまったので、気持ちを転換する上でも気持ちを緩めることにしました。また、最初は何千万とあった借金が数百万になったのですから、この頃は自然と気持ちに余裕が生まれてました。

   この頃では毎月のローンの支払いが5万円台まで減っていたのと、相変わらずオークションの収入が好調であっという間に数百円貯まっていて、住宅ローン完済もすぐ目の前まで来てました。今までの私なら、残りのローンを1日でも早く返しているところですが、そう必死になるのは疲れるのでしばらくそのお金を寝かせることにしました。また、この頃は既に住宅を買ったメリットを本当に実感できていたので、不動産の投資でもできれば良いなあと思うようになりました。

   住宅を買ったメリットは以前も触れましたが、繰上げ返済を行い返済金額を減らすことにより、毎月の支払いが家賃で支払うのとは比べ物にもならないほど少なくなることです。そこで余裕ができたお金は貯蓄して、ある程度貯まったらまた返済を繰り返す訳です。早く返済することによって、銀行へ支払う利息は大幅に削減できるので、住宅をより安く買うことになります。ローンでものを買うときは常に利息というものを考えないといけません。例えば車を100万円でローンで買ったとして当然出て行くお金は税金5万円に加えて、5年で利息3%のローンで買った場合、8万円弱ものお金が更に出ていくのです。ですので、住宅ローンとなれば、金額の桁が違いますのでゆったり返していっても借金は中々減りませんし、金利が急激に上昇した場合は残額が増えてしまうこともありえるのです。

   しっかりと繰上げ返済できれば、住宅を購入することが逆に生活にゆとりをもたらせてくれた事を実感していたので、不動産投資にどんどん興味を持つようになりました。興味をもったら、インターネット・本などを読み漁ってはやる気になってみたり、やっぱりリスクを考慮して弱気になったりという時期を繰り返しました。それでも興味が冷めることは無かったので、週末になると不動産屋に投資物件の問い合わせを行ったり、資料をFAXしてもらったりとちょくちょくしてました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析