あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WBC、日本が韓国を破り決勝進出!
   今日は午前中は天気が良かったので、子供を連れて公園に行きましたが、風が強くてビックリしました。砂は舞っているし、目にも入ってくるので最悪でしたが、子供はそんな状況でも遊びに集中しているので気になるどころか、喜んで全く変える気配がありまえんでした。。。結局、1時間半たっぷり遊んで12時ごろ帰ってきました。昼食をとってからは、テレビをつけてワールドベースボールクラシックの観戦です。今までは平日の試合ばかりだったので、夜のスポーツニュースでしか見れませんでしたが、決勝進出がかかった大事な試合を観戦しました。結果は皆さんがご存知の通り、6対0の大勝利でした。先発上原は好投して、7回に野手がその好投に応え一気に6点を先取しました。雨のためその後は一時中断しましたが、大量リードしていたのでその後も安心して見ることができました。

   それにしてもWBCは問題がいっぱいあって本当に後味が悪い大会というか、もう第2回は止めた方が良いのではと思うほどです。まず第一に審判がどの試合もアメリカ人であるということ。しかもマイナーの審判を使っていて数々の誤審をしてしまい、せっかくの試合を何試合も台無しにしてしまいました。そもそも何故アメリカが戦う試合にアメリカ人を起用するのか意味不明です。国際試合なのだからワールドカップのように公平を極める上でも、対戦する両国の国籍を持つ審判は起用されるべきではありません。第2番目にアメリカを中心とした試合日程であったことです。地元開催なのに、アメリカが決勝に行くことを前提に余裕のある日程で試合が組まれていたのは明らかで、それに合わせて他国のスケジュールが煽りをくらってタイトになってました。2つ目は何と言っても参加国が少なすぎます。何故同じ相手と3度も戦わないといけないの?という感じです。最後に参加国が少なすぎると言う点です。同じ相手と3回も当たるというのは何かおかしい気がします。韓国も日本に2度も勝っていて、3回目で負けて決勝に出られないと言うのもかわいそうだと言いたいところですが、韓国のピッチャーはドーピングというインチキをしていたので、同情する余地も無いですね。

   アメリカの居ない決勝、そのアメリカにも誤審で負けて、更に韓国に2度負けて勝ち取った決勝と何ともスッキリしませんが、選手は頑張っているのであと1試合全力で頑張って欲しいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。