FC2ブログ
あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
ニート
   今、細木和子の番組でニートの特集をやっていたので、興味深く見入ってしまいました。ニートに年齢制限が15~34歳と年齢制限がついているのは初めて知りましたが、35歳以上の人たちはどう呼ぶのだろう?

   会場にはニート50人と社会人50人を呼んで、いろいろな質問をしたりニートの生活VTRを流して、所々で細木和子が偉そうに説教しているというものです。最も興味深かったのが、ほとんどのニートが今の生活に満足していて、社会人の人は不満の方が多かったことです。私からすると明らかにニートの生活の方が良いとは思えないのですが、そう思ってしまっている人があまりにも多いのでビックリしました。そりゃ、親のスネをかじって好き放題生活できるのだから、一見楽しそうにも思えてくるかもしれません。でもそんな生活は普通の人間の神経だったら3日続いたら飽きてしまうはずですが、それを飽きもしないで不満もなく続けているのだから、完全に頭が麻痺してしまっているのでしょう。肝心の本人達がその症状に気づいていないから、あり地獄のように抜け出せなくなるのではと勝手に推測してます。

   私はニートを批判する気も差別する気もありませんが、自分の家族でもしニートが居たのでしたら何が何でも説得してこっちの世界に引き込みたいと思ってます。なぜならこっちの世界が絶対に良いと確信してますし、子供なんて授かった日にはそれはこの世の中のどんなものにも換えがたい幸せを感じることができます。私も社会人になるまでは親にスネをかじりっぱなしでしたが、社会で揉まれながら結婚して子供を授かり家族の為に頑張ってます。当然1週間のうち辛いと思う日がほとんどですが、その中のほんの一時ホッとしたり和んだり喜んだりする瞬間が何ともいえない幸せな瞬間を味会うことができるのです。それでまた、そのほんの一瞬の幸せでももう一度味わいたいと頑張れるのだと思います。

   ちょっとまじめに書きすぎてしまったみたいですが、サラリーマンの方は良い意味でニートを見習って肩の力を抜いてみるということも必要かと思います。私もストレスで嫌になることがいっぱいありますが、思い切って「どうにでもなれ」というぐらいまで開き直ってしまいます。最近サラリーマンもそのぐらいのいい加減さ・無責任さを持つぐらいの方が逆にうまく行くような気がしてきました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析