あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福岡の小1男児殺害は母親が犯人
   このニュースをはじめて見た時は、母親がたった2~3分トイレに行って目を離している隙に、男児が連れ去られて殺害されたと報道され、母親に同情していましたがその母親が犯人であったと聞いてショックとともに怒りが込み上げてきました。

   殺害された弘輝君には発達障害があり、母親が将来を悲観して犯行に及んだらしいのですが、自分勝手にもほどがあります。なら何故子供を産んだのかと怒りを覚えます。たとえ自分の子がどういう病や障害を持っていたとしても、自分の命に代えてでも子供を守ってあげるのが親なのでは無いだろうか?これは親の姿勢だとか責任とか言う次元ではなく、親の本能からくるものだと思います。自分の子を殺めるということはこの本能そのものが備わって無く、厳しい言い方をすると人間というか動物以下であると思います。

   私の子は大きな病に障害も患ったことがなく、この母親の本当の苦悩や気持ちを理解できたかと言うと、正直分からない部分もたくさんあると思いますが、1つ自信を持って言えるのは自分の子がどんな病や障害に侵されようと、この母親のような判断は絶対にしないです。それぐらいの気持ちで子供と接していること自体が子供に失礼だし可愛そ過ぎます。この弘輝君もこの世に生を受けて、6年もの歳月を過ごしてきたのに、一番守ってくれるはずの母親に殺害された気持ちを考えると無念でなりません。大人の勝手で産んだ子供を捨てたり殺したりというニュースは、見飽きるほど見てきましたが、見るたびに自分の感情を抑えられないほどの怒りに襲われます。本当に大人の身勝手により不幸になっていったり、命を落としていく子供を見ることは辛いです。

   亡くなった弘輝君には心からご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
papa渡邉と言います。

ランキング経由にて
お邪魔しました。
これを機会によろしくお願いします。

本日は初訪問ですので
ご挨拶のみで失礼します。

では
今後ともよろしくお願いします。

応援済みです。
2008/09/22 (月) 23:51:16 | URL | ブログとメルマガで夢をつかむ方法 ★ papa渡邉 #-[ 編集]
きいてください
はじめまして。
多分想像できないと思います。
発達障害と言っても色々ですので。
元気のいい多動性のある、感情のコントロールがきかない、タイプのお子さんだと報道されましたので、やっぱり・・・と思いました。

動物以下である
というのは違います。人間なので、まわりに迷惑をかける我が子をどうしようもないという悩みを抱えてたのではないかと、想像します。

幼稚園、学校で他の子供に危害を加える、多動性があり、奇声を発し暴れる、
それをまわりの誰もコントロールできない。
多分母親でさえも。
それが発達障害の一つのタイプです。

まわりのサポート、理解なしでは生きて行けません。
当然将来を悲観すると思います。
甥っ子がそのタイプですが、
親は日々一緒に死のうと、考えていたと言います。
将来は自分が死ぬ時に一緒に死ねたらいいと言います。

大人の男になった危険な障害者を誰が愛情もって世話してくれるのだろう?
施設で監獄のようなところへ閉じ込められて、
つらい毎日を送るのではないか・・・

そんな不安を持ちながら
なんとか頑張っていますが、
このタイプの障害者を介護されてる人は
紙一重のところにいると思います。

なにか解決策はないのかと考えますが、
それこそ社会のサポートしかないと思います。
なにかをしてくれという事でなく
理解をして欲しいと思います。


2008/09/23 (火) 09:13:05 | URL | yosako #-[ 編集]
母親の犯行と聞き・・・うちではやっぱりねって
感じでした。でも犯行の理由を聞き、
言葉を失いました。当然理屈ではいけないコトと分かります。でもそこには我々には理解できない悩みもあったのでしょうね。
我々がとやかく言う事でもない気がしました。
ただ、同じような事件が起きない事を祈るばかりです。
2008/09/23 (火) 09:36:26 | URL | れん #-[ 編集]
papa渡邉さん

はじめまして、ご訪問ありがとうございます。
ぜひ、これからもお時間のあるときは遊びに来てくださいね。
応援ありがとうございました。

yosakoさん

こんにちは。
貴重なコメントありがとうございます。
私もこの事件を聞いて、確かに多面的に理解をしようとしましたが、我が子を殺めてしまった時点でそれが理解しようという気持ちから怒りへ変わってしまい、ああいう書き方になってしまいました。

自分の感情に身を任せ書いたので、乱暴な表現になってしまいましたが、動物以下と書いたのは、我が子を殺める行為そのものを指摘したかったのです。最近は直接血のつながった親や親族を殺害するような事件が多いですが、動物でしたらこんなことはしません。欲や怒り、恨みで同種の命を絶ってしまうような残酷なことができる生物は、人間だけだという強い思いが昔から変わらず私の中にあります。当然自分自身の中にもまた他の誰でもこの動物以下の感情は潜んでおり、そういう感情を日々抑えながらみんなが生活しているのかなあと感じることがあります。その理性が何かを引き金に飛んでしまうことにより、このような悲惨な事件になるのだと。

私も言葉を選んでこの記事を書こうか迷いましたが、自分の気持ちをストレートに伝えるのが一番ということで、あのような表現になりました。当然発達障害のお子さんをお持ちで日々大変な思いで生活されている方には、行政からも会社や周囲の人たちからももっとサポートがあって良いと思います。また、そうならないとこういう事件は無くならないのかもしれません。

本当に長いコメントを書き込みいただき、とても参考になりました。

れんさん

確かにそうですね。私は自分の思いを一方的に書き綴りましたが、我々がとやかく言うことではないかもしれません。ただ、亡くなった子の気持ちを考えるとあまりにもやりきれないです。。。
2008/09/23 (火) 10:37:47 | URL | 副業サラリーマン #-[ 編集]
大長さん

すばらしい実績ですね。私もあやかりたいものです。先ほどブログの方へもご挨拶のコメントを残させていただきました。
2008/09/24 (水) 23:27:32 | URL | 副業サラリーマン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。