あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新卒の離職率急増中
   ニュースZEROで2日連続で特集をしていますが、今若い人たちの離職率が急増しているようです。なんでも新卒でせっかく正社員で入社したのに3年以内に何と35%の人たちが会社を辞めてしまうそうです。私も何回か転職経験がありますが、3年以内ってことは1つのことをしっかり学べる期間ではないですね。石の上にも三年とはよく言ったもので、3年して初めて見えてくるものがあるのに、我慢が足りないんですかね。そんなことを言うとオヤジくさいと言われてしまうかもしれませんが、テレビで取材に答えていた若者の言い分を聞くと、自分に合ってないとか、夢を追いかけたいとか、人間関係がうまくいかないといったただの言い訳でしか無いですね。3年も働いていない状況で、その環境のことを判断できる立場でも無いと思うのですが、結局は自分に甘いのだろうと思う。

   私自身もいろいろな場面で転職を考えることがありますが、仕事を辞める理由が上のような理由とは全然違います。やはりプロなのだから、やりたいこととか夢なんてのは2の次で、自分自身が何を出来て、それによっていくら稼げるのかということを第一に考えます。それで自分自身をさらにスキルアップできて、よりよい環境、給与も与えられたら最高の転職ですよね。それを正社員という立場を捨てて派遣になったり、夢を追いかけて無職になるというのは理解に苦しみます。そうなってしまったら、今問題視されているワーキングプアに突き進むだけになり、現状から逃げてさらに悪いところへ行くだけなんですよね。人にはいろいろ考えがあるし、その人の人生もあるので、自分で決断したことに責任を持てば良いとは思うのですが、それにしても3年もしないうちに辞めるということは、何のキャリアにもならないし、勿体ない気がしてなりません。

   そもそも何故お金をもらえるのだろうという根本的なことを考えてみれば自ずと答えが出るのではないでしょうか。皆がやりたいことをやってお金をもらえる人というのは、この世の中で1%にも過ぎません。それはスポーツ選手であったり、芸能人であったり、企業家であったり、本当に狭き門を競争して勝ち抜いてきて自分がやりたいことだけでご飯を食べている人達に与えられた特権のようなものです。我々一般庶民は、辛いことや大変なことをやるのだから、お金をもらえる訳です。夢がないようなことを書きますが、仕事によるストレスや我慢した結果が報酬として支払われるのです。自分がやりたいことをやってお金をもらうなんて言うのは、夢のまた夢ですよ。そんな仕事があれば私が教えてほしいぐらいです。
   
↓励みになりますので、1日1回応援よろしくお願いいたします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
就職が困難な今、せっかく入社できたのに、なんかもったいないですね(汗)
自分に対して、甘い、自分を正当化してるというのは、同感です(汗)
2008/10/17 (金) 12:03:19 | URL | ローポロ #-[ 編集]
ローポロさん

本当にそうですよね。ワーキングプアは本当に選択肢がなくそうなってしまう人もいるでしょうが、なるべくしてなっている人も離職率の数字からかなり居るのだと思います。何をするにあたっても現実逃避ということは通用しないですし、例え自分がやりたいことでなくても、出来るようにスキルを身につけて辞めるのとは大きな差が出ますよね。
2008/10/17 (金) 21:55:15 | URL | 副業サラリーマン #-[ 編集]
確かに自分から進んで辞める人はそうかもしれませんが

そういう否定の仕方だと
3年以内に「その仕事に合ってない」事を理由に
上司から「辞めたら?」と言われた人が可哀想な気がします・・・
なんでもできる人だらけじゃありませんからね
2008/10/17 (金) 23:43:29 | URL | A2JET #3un.pJ2M[ 編集]
A2JETさん

コメントありがとうございます。
この記事はあくまで自ら進んで辞められる方に書いたことなので、上司に辞めるように迫られているような方々を対象にしている訳ではありません。

あと私自身も何でもできるなんてこれっぽっちも思っていないですし、今の仕事に向いているとも思っていません。ほとんどの方がそうなのでは無いのでしょうか?だからみんな悩みながら毎日もがいているのだと思います。サラリーマンってそういう仕事ですよね。それは会社を変わろうと職種を変わろうと永遠に付きまとってくることだと思います。入った会社がよほどブラックな企業だったらさっさと見切りをつけて辞めることに賛成ですが、今はそういう問題ではなく、全体で離職率が35%という数字が数年前と比べて跳ね上がっている現実に真剣に考えないといけないのだろうかと思い、少し厳しい論調になってしまいました。
2008/10/17 (金) 23:57:51 | URL | 副業サラリーマン #-[ 編集]
時代が悪すぎる
こんばんは

離職率が
民間でも公務員でも同じなら異常ですが、民間なら会社が定年まであるという補償がない時代ですから世の中が安定していない証拠ですね。
2008/10/19 (日) 00:38:53 | URL | 愛煙家 #-[ 編集]
愛煙家さん

続けてのコメントありがとうございます。
本当に不安定な世の中になりました。私の父親の世代は1つの会社で会社人生を全うするとうのが当たり前だったわけですが、今では新卒で3年以内に辞める人が3割以上になってしまいました。あまりにもそのギャップが極端過ぎますよね。急速な欧米文化が浸透している結果でもあるかと思います。どちらが良いとは言い切れませんが、今の状態は異常事態だと感じざる負えません。
2008/10/19 (日) 01:07:41 | URL | 副業サラリーマン #-[ 編集]
30年前から
こんばんは。
こんな昔のエントリーにコメントしてすみません。
しかし、コメントのやりとりが見逃せなかったので一言。
じつは大卒者の離職率は30年近く前から3年以内に30パーセント前後の人が辞めているのです。で、このデータが意味することは結局副業サラリーマンさんのおっしゃることなんですけどね
2009/04/20 (月) 01:10:42 | URL | 湯浅 #6XOOuQd.[ 編集]
湯浅さん

こんばんは。古いエントリーでも貴重なコメントをいただき、ありがたい限りです!
30年前からもそんな状況だったなんて知る由もありませんでした。その時代はまだまだ終身雇用が当たり前だった時代ですよね?ただ、景気がずっと右肩上がりだったから、今とは違って安心感もあったんですかね。

ただ、景気が良くても悪くても、同じことを3年も続けられないということは、やはり問題があるとは思います。結局は他人にはたいしたことを学ばないで過ごしたと思われてしまうので、もったいないことだと感じます。

また、遊びにいらしてくださいね。
2009/04/20 (月) 23:11:03 | URL | 副業サラリーマン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。