あるサラリーマンの副業実録
この度は「あるサラリーマンの副業実録」までお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、私がこれまでメインでやってきたオークションの副業から、その資金を元にはじめた不動産・株式投資についても書いていきたいと思います。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お金に呑まれるな
   「儲けることは卑しい。」とか「金持ちは汚い。」というフレーズを誰でも耳にしたことがあるかと思います。私は政治を語るのは苦手ですが、前章でちょこっと社会主義と資本主義について触れました。上のフレーズは、まさに社会主義的な思想だと思いませんか?このような発想はどうして出てきたのかだいたい想像つきますが、あまりにも子供じみていてコメントもしようが無いのですが、意外と日本の社会ではこのような考え方が、根付いてしまっていると思っているので書かせていただきます。

   「金持ちは汚い。」というフレーズがありますが、もしそのようなイメージを持っている方がいらっしゃいましたら、もう少し掘り下げてみて考えてみていただきたいと思います。金持ちになればなるほど、当然有名になりますから、何か汚いことをやれば当然テレビや新聞で報道されます。もし、それを見て金持ち=汚いイメージを持たれる人は浅はか過ぎると思わざる負えません。報道で金持ちが脱税や汚職を報じられたのを見ただけでも、「金持ちが汚い人が多い。」ということにはなりません。多い少ないというのは、客観的なようで非常に個人の主観が入ってしまうからです。その人が知っている金持ちの中に汚い人が多かっただけで、決して世界の金持ち全てを見て言っている訳では無いからです。もし仮に、知り合いに金持ちが居て、その人に直接騙されたり利用されたりしたとしても、金持ち=汚いという考えになってしまうのはおかしいですよね。騙した悪い人が金持ちであっただけで、その人が貧乏だったら騙したりしないのかと考えればそうとは言い切れないと思います。人を騙すような悪い人が偶然お金を持っていたに過ぎないのであって、貧乏でも悪人はたくさん居ると、私なら考えます。

   それでは、金持ちになってから汚い人間に変わったという人が居たとします。私が思うに、上のような考え方を持っている人が一番このようなケースに陥りやすいと思ってます。考え方が浅はかな分、そういう人ほどいざ自分が金持ちになった時に、「金持ちは偉い。」とか「金持ちは汚いことをやっても許される。」とかいう考え方に変わっていくのだと思います。私はこのような人を「お金に呑まれた人」と勝手に呼んでます。宝くじに当たって財産全て失った人の話を聞くことがありますが、このような人はまさに「お金に呑まれた人」なのだと思います。

   では、この話が副業と何の関係があるのだと思っている人が居るかと思いますが、私は大いに関係があると思ってます。金持ちの話を上でしましたが、ご存知の通り私は平凡なサラリーマンであって金持ちの気持ちなど分かりませんし、勝手に想像で書いてます。ただし、副業をやることによって、本業とは別のところから収入を得るようになってから「お金に呑まれない。」ことの重要さを初めて実感いたしました。何故なら、このことは決して金持ちだけに当てはまることでは無いことが分かったからです。皆さんの周りに急にお金の羽振りが良くなった人は居ませんでしょうか?理由は様々だと思いますが、ギャンブルで一発当てたケースや会社の昇進で給与が大幅にアップしたケースなどあるかと思います。このような人たちも「お金に呑まれた人」だと思いませんか?私も副業で小銭がちょくちょく入ってくるので、こうなる気持ちも分からなくでは無いです。ちょっと多めに副業収入が入った月には贅沢しちゃおうかなとか、何か高価なものでも買っちゃおうかと一瞬頭をよぎってしまいます。ただし、この考え方は副業する上で本当に命取りになるので、お気をつけください。人間の欲は切りがないですから、初めは一回だけとか思っても次々としたいことや買いたいものが出てくるものです。そうなってしまうと、副業の利益を全て食い潰してしまうどころか、本業の収入を使ってでも贅沢をしてしまい、本来何のために副業を始めたのか分からなくなってしまいます。一度「お金に呑まれる。」と、中々元に戻すことはできない事は容易に推測できますよね。

   我が家では、副業を始める前からもずっと家計簿をつけてますが、一度足りとも生活のレベルを上げたことはありません。時には家族旅行をしたり欲しいものを買ったりもしますが、これはあくまで本収入の範囲でやるように心がけております。我が家では「物を大事にする。」「食べ物を残さない。」「無駄遣いをしない。」という3大方針があります。これは自分達の親から育てられた時に厳しく言われたことであり、それを実践しているだけに過ぎないのですが、自分が親になってみてそのことが如何に大切か思い知らされている今日この頃です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あるサラリーマンの副業実録 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
  1. 無料アクセス解析
SEO対策:副業 SEO対策:不動産 SEO対策: SEO対策:オークション SEO対策:サラリーマン
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。